2014年03月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ALPHATAURUS/AttosecondO

category - イタリア・ドイツ
2014/ 03/ 27
                 
アルファタウラス2~進化する魂 (AttosecondO)(直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
アルファタウラス
DUレーベル (原盤:伊/Ams Records) (2012-10-24)
売り上げランキング: 8,676




イタリアのプログレバンド。
何でも40年ぶりの新作だとか。しかもこれが2枚目なんだそう。
それまで何をしていたのかは不明だけど。まぁ人それぞれなのでね…。

怪しげなギターの音から始まるが
そういう怪しげなメロディが永遠と続くわけでもなく
(それだけで終わるようなバンドもまぁ多いことだけどさ)、
その後は適度に熱い母国語Voにフルート、アコギ、
ピアノやオルガンをはじめとした
美しいシンセワークと結構ヘヴィなギターが特徴的で
しんみりとさせる静と躍動感あふれる動を巧みに駆使しながら
変則拍子を上手くからませ、要所でコーラスが登場し、
ドラマティックな展開を魅せる。
大曲志向のアルバムではあるが聴きごたえが結構あり、引きずり込まれるのは確か。
#4の展開美(というか構築美というのか)には思わず息を呑む。



1. Progressiva-Mente
2. Gocce
3. Ripensando E...
4. Claudette
5. Valigie Di Terra

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

Axel Rudi Pell/Into The Storm

category - ドイツ
2014/ 03/ 21
                 
INTO THE STORM (LIMITED)
INTO THE STORM (LIMITED)
posted with amazlet at 14.03.21
AXEL RUDI PELL
STEAMHAMMER / SPV (2014-01-20)
売り上げランキング: 233,619




曲が格好いいのに肝心のギターソロが
致命的にドヘタな事で有名なギタリストの、
様式美メタルの新作らしい。
地味に(?)活動をしていたことに驚いた。

インストの#1に続く#2はアップテンポのカッコいい曲だが
以前のようなジャーマンメタル的な疾走ではない。
確かに哀愁のメロディではあるが、ドイツ系という雰囲気が
あまりないのも今まで通りか。どちらかとういとアメリカン寄りかも?

それ以外もミドルテンポあり、7、80年代っぽいサウンドあり
(#4なんてタイトルがタイトルなだけにか、
モロにDEEP PURPLEな出だしなんだが…)、バラードあり引き出しは多い。
当時日本盤が同じビクターだったからか
IMPELLITTERIとも比較され、そっちよりも遥かにいい曲を書く事では
有名なんだが、今作もキャッチーで粒そろいの曲が揃っている。
Voも上手いしサウンドにマッチしている。
ただ、バラードからの大曲はダークな上退屈…、この流れは悪いと思う。

この致命的に下手なギターソロがなければ
来日公演は当然の事、もっと知名度があったと思うんだが…。
本当に危なっかくてそっちの方ばっか気になってしゃあないという…。


01.The Inquisitorial Procedure
02.Tower Of Lies
03.Long Way To Go
04.Burning Chains
05.When Truth Hurts
06.Changing Times
07.Touching Heaven
08.High Above
09.Hey Hey My My
10.Into The Storm





                         
                                  
        

ATLANTEAN KODEX/The White Goddess

category - ドゥームメタル
2014/ 03/ 13
                 
White Goddess (a Grammar of Poetic Myth)
Atlantean Kodex
20 Buck Spin (2013-10-01)
売り上げランキング: 125,518




ドイツのドゥームメタルバンドらしい。
映画のようなSEからスタートし、
なんだかエピック色のあるサウンドでもある。

ドゥームメタルではあるが、
野郎コーラスや厳かなクワイアを加えた勇ましさも感じるようなメロディが
そこかしこにあり、そのあたりはヴァイキングメタル的でもある。
ただ、ひたすらスローテンポかつ
同じようなメロディを繰り返すようなパートは個人的には退屈さを感じて苦手。
どこかでリズムチェンジをしたりしてメリハリをつける部分がもちっと欲しい。

Voもそれなりに熱いし、なかなか歌えるタイプ。
シンセに頼らず(あくまでもアトモスフェリーな感じで控えめ)
ツインギターによるメロディが結構おいしかったりもする。
大曲志向だが、間間にさみしげな小曲を入れているのがニクイ演出。



01. Trumpets Of Doggerland
02. Sol Invictus
03. Bilwis
04. Heresiarch
05. Twelve Stars And An Azure Down
06. Der Untergang Der Stadt Passau
07. Enthroned In Clouds And Fire
08. White Goddess Unveiled

                         
                                  
        

FROMUZ/Sodom and Gomorrah

category - 辺境
2014/ 03/ 02
                 
Sodom & Gomorrah
Sodom & Gomorrah
posted with amazlet at 14.02.11
Fromuz
10t Records (2013-10-10)
売り上げランキング: 60,799




ウズベキスタンのプログレバンド。オールインストスタイルのサウンド。
優しげなアコギで始まりその手のサウンドかと思わせておいて
いきなりヘヴィなギターが登場し驚かされる。

結構メタリックな質感もあり、
そこに時折モダンなシンセワークがあったりして
メロディは基本ダークでありながらも
それだけのメロディに留まらないといった感じ。
メロディの基本はギターで
そこにピアノやらオルガンやらのシンセ等を加え
壮大な世界観にしました的な。
叙情性もそれなりにあったりする曲もあるが出番は多くはない。
変則拍子的ないかにも~なものはなく、
曲自体も多いもののどれも比較的短めでとっつきやすさはある。
ただオルタナ的なパートはタルくて好きじゃないなぁ…。

コンセプトアルバムらしいのだが、
全体的にどことなく悲しげな世界観に包まれている。
そんな中エレクトロニカルな要素を溶け込ませたり、
要所にSEやら色々な小細工をやられていてシアトリカルな部分もあったり
なかなか手の込んだ事をやられている。

そんな中ギターとシンセによるソロのある曲や
コミカルなメロディの曲があったりして驚かされる。


01.Intro
02.Prologue
03.City
04.Lot
05.The Capture
06.Black Feast (Part. I)
07.The Orgy
08.Folly Of Mob
09.The Blindness
10.The Black Wedding
11.Black Feast (Part. II)
12.Procession Of Dead Stars
13.The Escape
14.To The Flames

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。