2013年09月

        

GOLDEN RESURRECTION/Man With A Mission

category - スウェーデン
2013/ 09/ 24
                 
マン・ウィズ・ア・ミッション
ゴールデン・レザレクション
キングレコード (2011-10-26)
売り上げランキング: 140,351



スウェーデンのネオクラシカル風味のメロパワバンド。2作目。
1作目はあったことは記憶にあるくらいで聴いたこともない。
何でもREINXEEDの中心人物であり、シンセ奏者Tommy Johanssonと
DIVINEFIREのVoのChristian Rivelが中心となったバンドなのだと。

こっちのバンドはただVoが歌えるREINXEED(ネオクラメロディのメロスピ)かと
てっきりタカをくくっていたが、
壮大なインスト#1明けの#2はミドル&アップテンポが中心で、
それ以外は80年代のポップサウンドだったり、
ミドルテンポで突き進むむ曲だったり、正統派系のサウンドとか
メロスピ一辺倒ではなく、色々な引き出しをこちらでは披露している。



続きはこちらから




                         
                                  
        

HANGING GARDEN/At Every Door

category - フューネラルドゥームゴシック
2013/ 09/ 17
                 
At Every Door
At Every Door
posted with amazlet at 13.08.23
Hanging Garden
Lifeforce (2013-01-28)
売り上げランキング: 124,356



フィンランドのフューネラルドゥームゴシックメタルバンドの3枚目。
いわゆるひたすら暗くスローテンポ多様でメランコリックなメロディを伴い、
要所要所でクリーンVoやコーラスを使い
そのあたりはSWALLOW THE SUNに似ているなぁと。
Voが変わったらしいが特に違和感はないかなと。
結構ブルータル度が高い。

ギターが前面に出ていて、シンセは神秘的というかアトモスフェリーな味付け程度の役割で。
テンポもスローメインよりもテンポを上げている上、緩急をつけてくる。
ただ、ドロドロとしたものがなくスタイリッシュになったと言った感もあり、
あまり絶望感というものを感じないのは確か。
その上、耳に残るようなメランコリックなフレーズも中盤から後半は聴かれず、
#3の後半が一番良かったんじゃねって感じなのは残念だなぁ…。
ラストの大曲は正直かったるい。

確かにフューネラルドゥームゴシックというよりは
メランコリックゴシックメタルと言った方がいいかも。
あと、ジャケットが地味過ぎてどうにかなんないのかと思うくらい。



01. Ten Thousand Cranes
02. Ash And Dust
03. Hegira
04. Wormwood
05. At Every Door
06. The Cure
07. Evenfall
08. To End All Ages







                         
                                  
        

DARK MOOR/Ars Musica

category - スペイン・ポルトガル
2013/ 09/ 08
                 
アルス・ムジカ
アルス・ムジカ
posted with amazlet at 13.09.07
ダーク・ムーア
マーキー・インコーポレイティド (2013-06-19)
売り上げランキング: 91,756




スペインのエピックメタルバンドで9作目らしい。
一時に比べれば良くなった、良くなったと評価は上がってきてい入るが
実際自分が聴いてみるとエリサがいたころに比べて遥に劣っていて
正直今作も、期待なぞ全くしていなかったが。


続きはこちらから