2013年07月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

SIRENIA/Perils Of The Deep Blue

category - ゴシックメタル
2013/ 07/ 31
                 
ペリルス・オブ・ザ・ディープ・ブルー
シレニア
日本コロムビア (2013-08-21)
売り上げランキング: 61,311



スウェーデンのゴシックメタルバンド。
つい最近、本家の方がアルバムを出したばっかだが、
今度はその本家の元メンの方の新作なわけだけど。

美しい透き通る女性Voの歌声が#1から堪能できるわけだが、
なんだかこのバンドも派手なオーケストレーションを多用して
壮大なスケールのシンフォニックゴシック化したのではというような
予想を感じさせるが、
#2に入ると、確かにその予想通りの
クワイアやオーケストレーションを上手くからめたサウンドだが、デスVoの割合も高めで
かなりアグレッシヴなサウンドでEPICAのようなモダンメロパワ的な趣も。
そこに透き通るだけじゃないコケティッシュな女性Voの
キャッチーな歌メロが乗っかってこれがなかなかいい感じ。

ただ、アルバム全般の感想として
野郎メインのVoの曲があったり(内容は悪くないが…)するが
前半~中盤はそれなりに良かったものの、
後半は#10をのぞきボートラ含め、ピコピコと打ち込み音を入れたり、
EVANESCENCE(またはWITHIN TEMPTATIONか)臭い横ノリの部分を強調してきて
そういうサウンドは正直必要なのだろうか
(というかなぜ今更感…)と首を傾げたりもするが…。
また、12分を超える大曲はあまりピンとこなかったなぁ…。
もっと緩急をつけた展開をしたら印象は違っていただろう…。

#2や#3の様なインパクトのある曲が後半にほしかったというのが感想。
今後はEVANESCENCEのような方向に進んでしまうのかかなり不安な気持ちもした。


1.Ducere Me In Lucem
2.Seven Widows Weep
3.My Destiny Coming To Pass
4.Ditt Endelikt
5.Cold Caress
6.Darkling
7.Decadence
8.Stille Kom Doden
9.The Funeral March
10.Profound Scars
11.A Blizzard is Storming
12.Chains (bonus track)
13.Blue Colleen (bonus track)








            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ART OF GRADATION/Concentration

category - 音楽その他
2013/ 07/ 15
                 
コンセントレーション(Concentration)
Art Of Gradation
AOGRecord (2013-05-29)
売り上げランキング: 11,137



LIGHTBRINGERを脱退したメンバーで結成された
女性Vo2人擁するバンド。
#1のシンセによる壮大なオーケストレーションから始まるが、
その#1のようなエピック的なサウンドではなく、
シンセを多用してモダンなエッセンスを加え、そこにメタル的じゃない女性Voが乗っかり、
爽快でJ-POP的なシンフォニックメタルという感じか?

メロディは非常にキャッチーで(時にはネオクラも入る)聴きやすいし
ギターソロは言うまでもなく、流麗なソロを聴かせてくれる。
もちろん曲によってはシンセも負けじとソロをかましてくれる。
なかなか美味しい。

ただ、上にも書いたが声優系(とはいってもガキ系じゃない)のような
J-POPを歌うようなVoがメインで歌っており、
メタルっぽい感じの歌唱のVoの方は
一切登場しない曲もある(野郎が参加するパートもあり)。

なんだかDRAGON GUARDIANの聖魔剣ヴァルキュリアスを聴いた時のような感じで
若干の違和感を感じ得ず、どことなく同人系のような感覚もある。
ただ、このアルバムを聴いてBABYMETALの音楽性は
彼らのようなサウンドが合っているんじゃないかと思った。

現地点ではLIGHTBRINGERの新作を聴いていないものの
前作で思い切り裏切られた小生としてはこれは
LIGHTBRINGERが失ったものがこのバンドにあるみたいな。

メンバーのセンスのあるメロディセンスには脱帽させられる一枚。
これを持ってこられてはLIGHTBRINGERはどうなるんだろうかと逆に心配だ。

#10のバラードの出だしが何となく西野カナの
Thank you, Loveに収録されていた曲のどれかに似ている気がしないでもなかったり…?


1. Concentration(instrumental)
2. REAL
3. determination
4. 仮面の月
5. Rain Pain Rain
6. SKY!!
7. ハジマリの空
8. サクラビト
9. Zonic Elements
10. daily
11. Our Song
12. 奏(bonus track)





                         
                                  
        

TRISTANIA/Darkest White

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2013/ 07/ 10
                 
Darkest White
Darkest White
posted with amazlet at 13.07.07
Tristania
Napalm (2013-05-30)
売り上げランキング: 77,609



ノルウェーのゴシックメタルバンド。どうやら7枚目らしい。
随分前からモダンな部分を強調したサウンドで個人的には
さっぱりだったが、もちろん今作も
ヘヴィなギターと吐き捨て型のデスVoにアップテンポで
アグレッシヴな部分を前面に出してくる。

そこにアグレッシヴなサウンドに対比するかのような
美しい女性Voのキャッチーな歌メロが心地よくこれがなかなか良かったりするが、
基本はデスVo(ノーマルVoもある)によるモダンでアグレッシヴな部分が強調されたサウンド。
#6は若干プログレちっくな部分も。

今作は単なる攻撃的なモダンなロックだけに終始するかとおもいきや
ノーマルVoが朗々と歌い上げる部分があったり、
美しいシンセに彩られた女性Voメインの部分があったり
曲によってはオーケストレーションを使用したりして、
それなりに寂しげなメロディも登場し、ゴシックメタル的な部分もあって
そこはちょっとホッとさせられたり。

しかし、この女性Voや男性のノーマルVoの歌メロが
アグレッシヴなサウンドに釣り合わないくらいに
キャッチーで非常に素晴らしいのには驚かされた。
#5はなかなかいい曲だと思うよ。



01. Number
02. Darkest White
03. Himmelfall
04. Requiem
05. Diagnosis
06. Scarling
07. Night On Earth
08. Lavender
09. Cypher
10. Arteries



                         
                                  
        

CYNTIA/Lady Made

category - 日本 アジア 辺境
2013/ 07/ 06
                 
Lady Made(初回限定盤A)(DVD付)
Cyntia
ビクターエンタテインメント (2013-03-20)
売り上げランキング: 4,756




ガールズメタルバンドのメジャー第1弾アルバムで通算は2枚目か。
前作の初回限定版のジャケがどこかのアイドルグループの主要メンバーなら
今作は(5人編成になったのね?)
どこかの国のアイドルグループを想像させてしまったのは
自分だけだろうか?
帯に書いてある"ツンデレメタル"ってなんなん?と思ったが
それはともかくとして前作もそれなりだったので聴いてみた。

Voは前作のような、ただ、張り上げればいいだろうから
それなりに表情豊かになりレヴェルアップしている。
肝心のサウンドの方は攻撃的な前作に比べると
攻撃性は若干弱くなり、前作にもあったような
80年代的なメロディを伴ったサウンドを強めて、
ポップメタル的な感覚もあったり
(#7なんて完全なポップスだがこれはこれでいいし、
前作だってここまで露骨ではないもののそういうのはあったような…?)もする。

前作のメロディの使い回し的なものがある曲があるのがちょっと気にもなったり。
一応外部の人との共作、ないし外部の人間のみだったりするが
その割には似たようなフレーズが多いような気もするが…??
そのためなのか今一つ耳に残らないという欠点もあったり…。

それと、今作はVoが歌詞を担当しているから、
それともメジャーを意識したのか、
やたら男女の時としてディープな恋愛の曲ばかりというのだけは
個人的にはそういうのは好きじゃなくていただけない。

総評としてはまぁ、前作よりかはるかに好みだ。

#12は通常盤のみのボートラで
ボートラ目的で限定盤蹴って通常盤買いました。



01. 深愛エゴイズム
02. I Will
03. IV
04. Fly away
05. Chilly Nights
06. Lady Made
07. Jewel Stars
08. 箱庭のイデア
09. Wish
10. Raison d’etre
11. 睡蓮と蝶
12. メロリィ




                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。