2012年06月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

天幕落 Terminal Lost/卷贰

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2012/ 06/ 30
                 
中国のKey入りのメロディックブラックメタルバンド。
中国奥深くの秘境的なメロディの長いインストから
出た音は最初こそはガリガリとしたギターが登場するので
プリミティヴブラックかと思ったが
なんてことはない、
北欧によくあるタイプの派手なKeyが前面に出た
メロディックブラックメタルだ。耽美的な部分もちらほらあったりして、
それなりにクサいメロディもあるし、みせどころもそれなり。
ただ、先に書いたVESPERIAN SORROW程クサくはないし、
どちらかといえば、こっちの方が禍々しさは上かも。
というわけでそれほど面白いというわけでもなかった。

後、中国的とか秘境的なメロディは最初のインスト以外と
他に打ち込み音楽をバックにした曲だけ。
他は一切登場しない。これは非常に残念だろう。
アグレッシヴなサウンドにそれを融合させたサウンドを
期待する人には肩透かしを食らうかもしれない。

それなりにクオリティは高いけど、
特に個性という点は見当たらず、物足りなさも残るっちゃ残る。



1. 凤凰山
2. 妖祸
3. 孤城怨赋
4. 镇灵破
5. 凤凰座
6. 神的召唤
7. 弑 · 征途
8. 永冻之夜
9. 弑 · 战歌
10. 转世轮回
11. 尾声

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ANNE-LIE RYDE/Prhima Donna!

category - ニューウェーヴ/エレクトロニカ
2012/ 06/ 29
                 
スウェーデンの歌姫らしい。
メジャーからマイナーな曲まで現代風にカヴァーしている。
#7以外はエレクトロなサウンドが全開といった感じ。

なんでも千葉テレビでやっていたSOUND JUMP!内で
#2のPVが流れていたのを偶然見て気にいったのだが、
何しろこの番組ほんの一時的以外は
アーティスト名や曲名をテロップに出さなかったため、
分からなくて、いろいろとカンで探した揚句、
違うアーティストのCDだったりして
金を無駄使いしたこともあった末、
それらしいジャケットを見て購入したら…この曲がありました。

で、本題。
結論から書くと、ユーロビートナンバー
(サビの一部で弦楽器と彼女のVoだけになる)の
そのPVとして流れた#2と
シングルカットされた#7以外は正直かったるかった

先にも書いた現代風のアレンジというのが、
アメリカや日本のヒットチャートをにぎわしているであろう
(いや日本の今の事情はよく知らんけど、
若い姉ちゃん受けするような)
エレクトロなサウンドにグルーヴィで
ヒップホップ系のノリのナンバーが多く
(#3にはラップも入るし…)正直つらい。
表現は悪いかもしれんけど、
西野カナ系のサウンドというか、ハウス系というのか
そのサウンドに泣きメロと取っ払ったといった感じだろうか?
いや以前JASMINE/Goldというものをジャケ買いして大失敗したのだが
(要は中身がアメリカで流行っているとおもわれる、ヒップホップ系のそれで
良き日本人らしさの欠片の全く面白くない音楽だったわけだ)、
それが好きだというギャル向けの音楽なのかもと。

女性Voはどことなくかったるそうに歌うけど、特に問題はなし。
ノリがどうこうでもメロディがよければいいのだが、
残念ながら名曲と言われても
何だか雲をつかむような印象でしかないという感じ
(#6はなんとなく知っている気がするけど
このアレンジはどうかと思う)。

という事で日本では
若い姉ちゃん向けのアルバムで終わっているみたいな感じで
苦労して探した割には
ちょっと残念な結果で終わってしまったなぁという感じ。


01 .Leka Med Elden
02 .Du Vet Var Jag Finns
03 .Natten Har 1000 Ögon
04 .Alltid Nåt Som Får Mej Att Minnas
05 .Feber
06 .Det Förstår Inte Du
07 .Vacra Sagor Är So Korta
08 .Det Kan Väl Inte Jag Rå För
09 .Det Är Lugnt Och Tyst
10 .L Som I Älskar Dej
11 .Merci Chéri
                         
                                  
        

PARADISE LOST/Tragic Idol

category - ゴシックメタル
2012/ 06/ 26
                 
トラジック・アイドル
パラダイス・ロスト
マーキー・インコーポレイティド (2012-04-18)
売り上げランキング: 75668



イギリスのゴシックメタルバンドの13作目らしい。
前作から過去のようなドゥーム色の強いサウンドになり、
ある種の原点回帰のようなサウンドになったが
今作も同様にいや、それ以上にドゥーム色の強いサウンドに仕上がっている。
そしてVoもクリーンなVoは効果的に使うくらいで
基本は怒鳴り系の歌唱法がメインとなっている(それでもちゃんと歌っている)。
ヘヴィなギターによる重々しいサウンドが特徴で
パートによってはある種のグル―ヴ感も感じられたり。
Keyに頼らず(#1のように耽美的な印象を与えるくらいだ)
あくまでもギターによるメロディが特徴。
ドゥーム色の強いサウンドといってもいかにも的な曲はラストの#10くらいで
すべてが非常に遅いテンポばかりの曲でもなければ、
ある程度テンポがあったりもして、
どちらかといえばミドルテンポで進むといった感じ。

わかりやすい叙情的なメロディや、キャッチーさとかはあることはあるが
即効性という点では非常に低いので
このバンドの初期のころをあまり知らない人が
最初にこれを聴くと火傷をしかねない。
自分もあまりこのアルバムは好きにはなれなかった。

小生はOne SecondとParadise Lostのような
大衆受けするようなわかりやすいサウンドのアルバムが好きだということを
再認識させられた、そんな感じ。



1. Solitary One
2. Crucify
3. Fear Of Impending Hell
4. Honesty In Death
5. Theories From Another World
6. In This We Dwell
7. To The Darkness
8. Tragic Idol
9. Worth Fighting For
10. The Glorious End






                         
                                  
        

ILLUMINATA/A World So Cold

category - ベルギー・オーストリア・ギリシャ
2012/ 06/ 24
                 
World So Cold
World So Cold
posted with amazlet at 13.09.10
Illuminata
Twilight Zone (2011-11-24)
売り上げランキング: 482,897



オーストリアの女性Vo2人体制擁する
(Keyもちなみに女性)6人組シンフォニックメタルバンド。

RHAPSODY並みの派手さ極まりないオーケストレーションによるインスト#1からして
壮大な世界観なサウンドを否が応でも期待させられる。

本編も派手なオーケストレーションをバックにしたサウンドなんだけど
基本はミドルテンポが中心でピアノとかも入ったりして、
ゴシックメタル的な一面もあったりもするが、
時折スピーディになったりもしてそういう部分は結構演奏陣はアグレッシヴになる。

2人による女性Voのタイプの違いがよくわからないが
(一人は脱退した模様)決してソプラノ系でもなく
パワフル系でもなく、まぁ耳に優しいといった感じで
要所要所でハモリが聴かせたりしてうっとりさせてくれる。
曲によっては野郎も入ってくる(正直いらないんじゃね?)。

派手なオーケストレーションには惹かれるんだけど、
曲の大半が似たようなミドルテンポというのも問題だが、
メロディに今一つグッとくるものがないのは自分だけだろうかと。
ネットではかなり評価が高かったけど、個人的には今一つピンとこなかった。




1. Ashes Of Times
2. Cold Hands Warm Hearts
3. End My Agony
4. Silent Poet
5. The Divine Puppet
6. The World Collector
7. Dead Warden Dreamer
8. A Frame Of Beauty
9. Endless
10. Lost In Picturesque
11. Metamorphobia II

                         
                                  
        

VESPERIAN SORROW/Stormwinds of Ages

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2012/ 06/ 22
                 
Stormwinds Of Ages
Stormwinds Of Ages
posted with amazlet at 12.06.21
Vesperian Sorrow
Path Less Travelled (2012-06-04)
売り上げランキング: 48082




アメリカ産の6人組シンフォニックブラックメタルバンド4枚目らしい。
まさにアメリカ版DIMMU BOGIRといった感じ。
明らかに北欧系のそれをやってみました的だけど、
にしては結構クオリティは高い。
前面に出ているシンセは派手でやり過ぎ感があるものの個人的には好きだわ。
DIMMU BOGIRはオーケストレーションを使っているみたいだが
こっちのバンドはあくまでもシンセによる装飾でちょっと安っぽい上、
音はドラムが軽くてアグレッシヴな面においての説得力が薄れてあまりよろしくない。
Keyがそれなりの耽美的なメロディだったりもするために確かにゴシック的な面もあるが、
決して終始だらだらとしているわけでもなく、ブラスト疾走もして結構アグレッシヴだ。

それなりに流麗なギターソロも入ったりもしたり、
ツインギターによるメロディも美味しいが
やはりここでは先も書いたように派手すぎるKeyに尽きるだろう。
この手のブラックメタルというと禍々しいメロディが強くて
今一つ好きになれんのですが、
#2も#3もある程度クサいメロディな上、
それなりのわかりやすいメロディを備えていて、
曲によっては女性Voを入れたりと、疾走したりスローになったりと結構凝りに凝っている。
ただ、前半に比べると中盤からは後もう一歩的な曲になってしまうのが残念か。
アメリカ産とは知らないと、北欧のある程度クオリティの高いシンフォブラックメタルバンドと
間違えそうなそんな感じで、これは掘り出し物の一枚であることに違いないでしょうね。


01. Sanguis Vitam Est
02. Stormwinds Of Ages
03. An Empire To Mourn
04. Casting Dawn Into A Shadow
05. Crown Of Glass
06. Legacies Befallen
07. Eye Of The Clock Tower
08. Oracle From The Ashes
09. Relics Of The Impure
10. Death She Cried
11. Of Opiates And Accolades

                         
                                  
        

RUSH/Clockwork Angels

category - 南北アメリカ
2012/ 06/ 20
                 
クロックワーク・エンジェルズ
ラッシュ
ワーナーミュージック・ジャパン (2012-06-13)
売り上げランキング: 392



Clockwork Angels: UK Fan Pack
Clockwork Angels: UK Fan Pack
posted with amazlet at 12.06.19
Rush
Future Pub (2012-06-19)
売り上げランキング: 5094





カナダのバンド。なんでも20作目らしいわ。
名前は知っているがそれ以外は全く知らなかった。

聴いてみた感想は
プログレッシヴ感覚のあるサウンドだという事。
最近のありがちなヘヴィなギターと近代的なKeyを使って
変則拍子をバリバリ入れるようないわゆるDREAM THEATERタイプではない。
確かにリズムチェンジとか変則拍子的なリズムはあるが
決してわかりにくさを感じさせるようなものではない。
シンセはうっすらと使う程度であくまでもギターがメインで、
そこに上手くオーケストレーションをからめているみたいな。
もちろん演奏陣、曲のクオリティの高さは言うまでもない。
知らず知らずのうちに世界に引き込まれていく。

流行りとか売れ線には知らずに第一線に立ち続けて
自分らのやりたい事をやり続けている、そしてそれが決して衰えているどころか
常に進化をしている、そこに敬意を表したいですね。
年齢を感じさせないアグレッションがダイレクトに伝わってきます。


01.Caravan
02.BU2B
03.Clockwork Angels
04.The Anarchist
05.Carnies
06.Halo Effect
07.Seven Cities of Gold
08.The Wreckers
09.Headlong Flight
10.BU2B2
11.Wish Them Well
12.The Garden

                         
                                  
        

加藤英美里 vivid

category - GIRLPOP/同人音楽
2012/ 06/ 14
                 
vivid
vivid
posted with amazlet at 12.06.12
加藤英美里
ポニーキャニオン (2008-12-17)
売り上げランキング: 132141




たまたまネットで見たんだけど声優やっている人らしいわ。
ノリノリのユーロビートなサウンドから始まる。
基本は打ち込みサウンドを中心としたでポップ感が満載といった感じ。
メタルどころかロック色すらない。

歌詞はどことなくコミカルな感じで(曲もそんな感じな部分もあり)、
この人のアニメの担当の声はガキ系なのか
Voが自分の苦手なタイプだ。受け付けない。
DRAGON GUARDIANの聖邪のドラゴンに出てきたあのガキ系Voを思い出してしまい、
ファンには非常に申し訳ないが聴いていてイラッとくる。
ラストはなぜかラップが飛び出したり…。
バラードの#11で終わりにすればよかったのに。

音程もわざとなのか狂う場面もしばしば…。
メロディが自分の好みとかよかったりするとこういうVoは
曲をぶち壊しになるんだけど、
曲がそれほどいいというわけでもないのであまりガッカリ感もなかったり。
アップテンポな曲が多く、しっとりと聴かせるような曲は少ないので
さらりと全部聴き流せるのはありがたい。



1. mode ZERO
2. 失恋サバイバー
3. 下僕転生
4. ソロオデン
5. 2nd.Season
6. アイカナデテ
7. 白い雲追いかけて
8. 両想い一週間目
9. Brother Bird,Sister Sky
10. 日曜日
11. Blanket
12. ラッピング・アンダーグラウンド

                         
                                  
        

六三四 MUSASHI/宮本武蔵

category - J-ROCK/J-POP
2012/ 06/ 12
                 
宮本武蔵
宮本武蔵
posted with amazlet at 13.10.12
六三四
ワオ・コーポレーション (2002-10-01)
売り上げランキング: 178,712




日本の7人組のインストバンド。
なんかどこかの格闘家を思い出してしまうのは自分だけだろうか?
現代的なギター、ベース、キーボード、ドラムといった楽器と
和太鼓、三味線、尺八といった
日本古来の楽器を融合させたサウンドなんだが。
これがなかなかいい感じなんだわ。

何枚かアルバムを出しているみたいだが。
これはタイトルからして佐々木小次郎との決戦のコンセプトなのだろうか?

ハーロドック/ヘヴィメタルフィーリングに尺八や三味線によって奏でられる
和ならではのオリエンタルでミステリアスな雰囲気のメロディがあるものの、
現代的なKeyの装飾が結構あったり、
ギターソロなども入りこみハードロック面の方も強調されており
(もちっとそっち面を引っ込めても良かったのではと思うが)、
ドラマティックな世界観を上手く演出しているのではないかと。

完成度は高く、このバンドはもっと知られてもいいのではないかと
(多分、同じようなくだりは他の誰かも書いているだろうけどw)。



1. プロローグ
2. 旋風
3. 関ヶ原
4. 小夜曲
5. 行雲流水
6. 長刀
7. 心剣
8. 刹那の雫
9. 巌流島
10. 鎮魂
11. エピローグ

                         
                                  
        

WORM OUROBOROS/Come the Thaw

category - 音楽その他
2012/ 06/ 10
                 
Come the Thaw
Come the Thaw
posted with amazlet at 13.10.16
Worm Ouroboros
Profound Lore (2012-03-26)
売り上げランキング: 84,414




アメリカのゴシック・ドゥームロックバンド。
3人組らしくウチ2人は女性。
暗く、混沌として、どんよりとした世界観がアルバムを占めているみたいな。
激しさも派手な展開もなく、非常にシンプルでだらだらと進行していく。
Voは低血圧でこのカオスなサウンドの中で
ゆらゆらと揺れているような歌唱が中心で、この灰色の世界観を演出している。
メタル的な重さはあまりなく、どちらかというとアンビエント的な感じ。
1曲1曲が長く大曲志向です。
気味の悪い夢を見ているようなそんな感覚に陥る。



1. Ruined Ground
2. Further Out
3. Release Your Days
4. When We Are Gold
5. Withered
6. Penumbra





                         
                                  
        

WORM OUROBOROS/Come the Thaw

category - 音楽その他
2012/ 06/ 10
                 
Come the Thaw
Come the Thaw
posted with amazlet at 13.10.16
Worm Ouroboros
Profound Lore (2012-03-26)
売り上げランキング: 84,414




アメリカのゴシック・ドゥームロックバンド。
3人組らしくウチ2人は女性。
暗く、混沌として、どんよりとした世界観がアルバムを占めているみたいな。
激しさも派手な展開もなく、非常にシンプルでだらだらと進行していく。
Voは低血圧でこのカオスなサウンドの中で
ゆらゆらと揺れているような歌唱が中心で、この灰色の世界観を演出している。
メタル的な重さはあまりなく、どちらかというとアンビエント的な感じ。
1曲1曲が長く大曲志向です。
気味の悪い夢を見ているようなそんな感覚に陥る。



1. Ruined Ground
2. Further Out
3. Release Your Days
4. When We Are Gold
5. Withered
6. Penumbra





                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。