2011年11月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

SHAPE OF DESPAIR /Illusion's Play

category - フューネラルドゥームゴシック
2011/ 11/ 28
                 
フィンランドのフューネラルドゥームゴシックメタルの3枚目。
メインで歌うのはAMORPHISに在籍していた、
クリーン(でもないか)Vo担当のPasi Koskinenなわけだが
(本来ならその地点で日本盤が出てもおかしくないが、
何せサウンドがサウンドなだけにそれはないみたい)
AMORPHISでは聴かれなかった(ライブでは知らない)
地を這うような壮絶な抱擁デスVoです。
それと対比するような美しい女性VoはPasiのカミさんらしいわ。

サウンドは非常にスローで(どこそこのバンドみたく
リズムチェンジなんてことはするわけがないw)、
地を這うかのごとくなデスVoはもちろんだが
ギターをはじめ、重厚で沈み込むような美しくも悲しすぎるシンセワークや
美声の女性Voや無表情のお経のようなクリーンVo等が
また絶望感を一層大きなものに仕上げ、
アンビエントにあるようなひたすら似たようなメロディを繰り返すことで
聴く者をじわじわと地獄の底に引きずり落とさんばかりな感じです。
ヘヴィなギターが前面に出てきた反面、
弦楽器の活躍が減少したのはちょっと残念な気もする。

あと、ドラムの音が軽くてコレは非常にマイナス要因だなぁ…。
(この手に多いと思われる禍々しいメロディはあまりなく)
比較的メロディはわかりやすいのだが
聴く者を思い切り選ぶサウンドなので
スローでも美しくてかつ絶望的なメロディに飢えている人はお勧めしたいですね。


1.Sleep Mirrored
2.Still-motion
3.Entwined In Misery
4.Curse Life
5.Fragile Emptiness
6.Illusion's Play





            
スポンサーサイト
            
                                  
        

DARK TRANQUILLITY/The Mind's I

category - メロディックデスメタル
2011/ 11/ 27
                 
THE MIND’S I
THE MIND’S I
posted with amazlet at 12.06.17
ダーク・トランキュリティ
トイズファクトリー (2008-01-09)
売り上げランキング: 335079



スウェーデンの大御所メロデスバンドの3枚目。ジャケットが個人的に一番好きかも。
内容は前作の延長線上を行くようなサウンド。
スラッシュビートを主体とした疾走あり、ミドル&スローとリズムチェンジをしながら展開しつつ、
そこに上手くメランコリックなメロディを配置するやり方はさすがである。

ただ、前作ほどの高揚感はないし、音も軽いせいか、今一つガツンとは来ない。
その上、あまり印象に残る曲もなく、
1分30秒あたりから入るメロディアスなギターソロのある(途中でツインになる、たまらん)
#2は良かったが…。それ以外は…悪くはないし、
メロデスファンが求めているような叙情的なメロディはそこかしこにあるし、
クオリティは高いのだがね…。2、3回聴いたらもういいや的なそんな感じ。
曲数が多いのもマイナス要因だろう。



1. DREAMLORE DEGENERATE
2. ZODIJACKYL LIGHT
3. HEDON
4. SCYTHE , RAGE AND ROSES
5. CONSTANT
6. DISSOLUTION FACTOR RED
7. INSANITY'S CRESCENDO
8. STILL MOVING SINEWS
9. ATOM HEART 243.5
10. TIDAL TANTRUM
11. TONGUES
12. THE MIND'S EYE
13. RAZORFEVER
14. SHADOWLIT FACADE
15. ARCHETYPE

                         
                                  
        

BURZUM/From The Depths Of Darkness

category - プリミティヴブラックメタル
2011/ 11/ 26
                 
FROM THE DEPTHS OF DARKNESS(フロム・ザ・デプスズ・オブ・ダークネス) (直輸入盤・帯・ライナー付き)
BURZUM バーズム
ディスクユニオン (原盤:NORWAY/BYELOBOG PRODUCTIONS) (2011-12-14)
売り上げランキング: 215,209



ノルウェーVarg Vikernesによる一人プリミティヴブラックメタルの
1stアルバム『BURZUM』と2ndアルバム『DET SET ENGANG VAR』からのリメイク盤らしいわ。
なので純粋な新作ではないみたいな。

前作は音楽性に似つかわないような美しいものだったが
過去の音源のリメイクということもあるのか、
EVIL感満載かついかにも邪悪なブラックメタルらしい白黒ジャケットになっている。

そのジャケットの通り、非常に不気味なインストから始まる。
途中で何曲かインストが入るがどれも気持ちの悪くて悪魔のようなサウンドだ。
そしていきなし轟音とともに#2になだれ込むんだが、
不気味さと狂気に満ちた邪悪さ満載で
カリカリと鳴るトレモロリフの音に身が削られそうな感じです。
ただ、Voに関しては以前のような狂気さは無くなっているなぁ…。

メロディがあるような曲もあるのだが、
アンビエントにも似た手法だと思われるが、
(詳しいことは自分は知りませんが…)
ひたすら同じようなメロディを繰り返すようなサウンドなので
この手の音楽が苦手な人にとっては途中で飽きてしまうかもしれない。
途中でスローテンポになる#6は
そのスローテンポの部分をまともに聴いていくうちに本当に気が滅入ってくるわな…。
邪悪な世界を展開しているがその中に
その世界観に対比するかのように非常に説得力のあるメロディのギターソロが
入ってくるさまはなかなか面白い。

音は決していいとはいえないものの過去の音源に比べれば遥かに良くなっており、
聴きやすくはなっている。


1. The Coming (introduction)
2. Feeble Screams from Forests unknown
3. Sassu Wunnu (introduction)
4. Ea. Lord of the Depths
5. Spell of Destruction
6. A lost forgotten sad Spirit
7. My Journey to the Stars
8. Call of the Siren (introduction)
9. Key to the Gate
10. Turn the Sign of the Microcosm (Snu Mikrokosmos' Tegn)
11. Channeling the Power of Minds into a new God

                         
                                  
        

ABSTRUSA UNDE/Introspection

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2011/ 11/ 24
                 
フランスのシンフォニックブラックメタルバンド。

美しいようで不協和音的なピアノのインストからスタートする。
何やらその地点で個人的には敷居の高いサウンドの予感がするのだが…。
やっぱりその通りでした。
美しいピアノをはじめ、壮大なオーケストレーションがサウンドを包み込み、
電子音やらヴァイオリンなども絡み、ソプラノ系の女性VoとデスVoが入り込み、
若干ひねくれたり、かなりアグレッシヴであったりと一筋縄ではいかない展開に驚かされる。
ネットでは色々なジャンルを取り込んでいるが、なるほど、確かにそう書かれているとそんな感じ。
しかし、彼らはそれらを難なくやってのけている。
ちょっとだけANGIZIAとかDIMMU BORGIRを感じさせるようなパートも垣間見えてシアトリカルな部分もある。

音質は軽くてこれはマイナスだが、サウンドクオリティに関しては
非常に高く、個人的には敷居が高すぎたのか好きになれるようなものじゃないが、
シンフォニックブラックメタルファンは要チェックかもしれないね?

現在はレーベルがないに等しい状態(一応ドマイナーなとこと契約してるっぽく)て
簡単には入手はできないらしいが
是非ともまともなレーベルと契約をして(というかこのレヴェルなら大手と簡単に結べるだろう)
活躍してほしいものです。


1. Introspection
2. Hamsa Lonri
3. Al Aklorodan
4. Carrousel
5. The Gutter
6. Hastra Nä
7. Lost for Life
8. Suune Kvalta

                         
                                  
        

HAMKA/Unearth

category - フランス/オランダ
2011/ 11/ 23
                 
アンアース
アンアース
posted with amazlet at 13.10.10
ハムカ
キングレコード (2005-10-26)
売り上げランキング: 214,504




元FAIRYLANDのメンバーがいるらしく、
FAIRYLANDの1stやDREAMAKERのElisaがVoをやっているというバンド。


音楽性はシンフォニックなKeyにクワイアを含めてエピック的なメロディのあるサウンドに
プログレ的にひねくれた展開をしてみたりもするメロパワ。
その中にデスVoだったりパーカッションを導入して原始的なパートがあったりする。
そういうのを無理やり詰め込んだ感は否めず、正直残念な気持ちになってしまう。
その前にメロディに魅力がないんだから、余計な展開をしないで
メロディの充実の点を何とかしろという感じ。1つの曲が長いし。
疾走もストレートに疾走してほしかったな。
疾走&アップテンポの曲もプラスアルファのメロディが欲しいところ。
#6のようなサウンドがもっとあったらこのバンドの印象は変わっていたと思うね。

ElisaのVoはFAIRYLANDほど醜くは無く、無理にハイトーンを出したりもせず、
曲によってはパワフルな部分を出すもののこのバンドでは比較的聴きやすくて安心する。



01. Buried Roots
02. Ignition
03. Ghosts of Desert
04. Sand Glass
05. Eyes of Twilight Part 1
06. Eyes of Twilight Part 2
07. Rising Atlantis
08. Eden Garden
09. Seven Sea's Sky
10. Legend's Empire Part 1
11. Legend's Empire Part 2
12. Re-Vo-Lu-Ti-On
13. An End on Earth ?
14. Eden Garden (Spanish Version)

                         
                                  
        

CELESTY/Reign Of Elements

category - フィンランド
2011/ 11/ 21
                 
Reign of Elements
Reign of Elements
posted with amazlet at 13.09.10
Celesty
Avalon (2002-12-18)
売り上げランキング: 258,406




メロスピブームまっただ中(のはず)に登場した
フィンランドの若き新鋭のバンド。いきなしの日本盤デビューを果たした。

エピックメタル的なインストの#1から期待感がものすごく高まり、
#2のクサメロ疾走のイントロでキターって感じなわけだが、
歌が入った瞬間、椅子から転げ落ちそうになる、何このド下手なVoは…。
楽曲がクサメロ疾走曲が多くて充実しているのにこのVoが思い切り足を引っ張っているなぁ…。
フツーに歌っても駄目だが、かといって時折がなってみたりもするがそれも不発で
悪いのをさらに上塗りしている感があるような…。

このバンドは確かに若さが前面に出ており
Voの酷さはともかくとしてとにかく粗さが目立つものの、
キラキラだけでなく派手派手な装飾とか初期チルボトのようなピロピロソロとか
Keyの卓越した(言い過ぎ?)シンフォアレンジがとにかく耳を惹きつけます。

いかにも初期ソナタフォロワー丸出し(キャプテン和田誠用語ならソナタい)だが
初期のソナタにエピック要素を加えてVoをド下手にしたようなそんな感じだろうか。
クサメロ疾走曲が好きでVoの酷さが気にならなかったら(それを疾走曲で補っているみたいな)、
是非とも聴いてみてほしい。
決して凄くいいというわけではないが曲に関してはなかなか粒がそろっていると思うけどね。



1. Intro
2. The Charge
3. Revenge
4. Sword of Salvation
5. Reign of Elements
6. Lost in Deliverance
7. The Sword and The Shield
8. Battle of Oblivion
9. Kingdom
10. The Journey

                         
                                  
        

HACRIDE/Amoeba

category - プログレッシヴ系
2011/ 11/ 19
                 
Amoeba
Amoeba
posted with amazlet at 13.10.12
Hacride
Listenable Records (2007-04-10)
売り上げランキング: 39,264




フランスのバンドらしいわ。
ジャケットだけ見るとゴシックメタルのような
或いはINSOMNIUM的な美しさもあるメロデスサウンドかと思いきや
抱擁Voをはじめとしたモダンかつ攻撃的なサウンドが飛び出しやがる。
思い切り、裏切られた。

アコギによるフラメンコ的(?)な部分があったりもするが
基本はデスVoとアグレッシヴなサウンドが基本で、
正直面白さに欠ける。疾走もストレートな疾走ではなく
プログレ的な変則拍子もあり、非常にひねくれた展開です。その上長かったりする曲も…。
いつ何が飛び出すかわからないという面白さはあるんかもしれんが…。

僅かながらピアノを使ったり、
クリーンヴォイスを使ったり静と動の部分を巧く使ったりするのはなかなかいいんでしょうが、
何しろアグレッシヴな部分はとにかくアグレッシヴなもんで
そっちの方が強く出ているし、おまけに非常にテクニカルときたものだ。
そんな中に耳を思い切り惹きつけるような面白いメロディがあればまた話は別だが…。

ネット上で面白いと話題になっているOjos De Brujoのカヴァーらしい#4は
DEAD CAN DANCE的なメロディとミクスチャー的ものを加えたような感じで
スキャットマンジョンと化した男性と女性がいるみたいなVoがネタ的で笑える。

テクニカルな展開をするデスメタルという点では
SADISTにも似ているかもしれないが
それよりもこっちの方がブルータルだなぁ…。



1. Perturbed
2. Fate
3. Vision Of Hate
4. Zambra
5. Liquid
6. Cycle
7. Deprived Of Soul
8. Strength
9. Ultima Necat
10. On The Threshhold Of Death

                         
                                  
        

RICHARD ANDERSSON'S SPACE ODYSSEY/Tears of the Sun

category - スウェーデン
2011/ 11/ 17
                 
ティアーズ・オヴ・ザ・サン
リチャード・アンダーソンズ・スペース・オデッセイ
マーキー・インコーポレイティド (2006-11-22)
売り上げランキング: 167611



前作はTIME REQUIEM似通った作品になっていて、
今作はどうなるかと思われたが、
完全にこのアルバムでTime Requiemとは全く違う路線を打ち出した。
インギー直系のバリバリネオクラサウンドをやられるリチャードからは
想像もつかない7、80年代的なハードロック路線なのである。
どこそこの雑誌みたいな連中からすれば
マンネリを打破してくれたみたいな感じで喜ばれるのだろうが
わかりやすくキャッチーなネオクラ路線を期待してるファンを思い切り裏切る内容であることは確か。

今作はANDROMEDAのVoに交代しており、
ニルス・パトリック・ヨハンソンの歌声が聴けないのは残念だが、
何の問題もなく(というのがまたすごいんだが)、パトリックの穴を上手く埋めている。

ギターリストは相変わらず派手に引きまくっているが
ネオクラシカルなプレイではなくブルーズ的なフレーズをふんだんに盛り込んだソロになっている。
一方リチャードの方はいつもの派手なネオクラソロを封印して
オルガン的なKeyで曲の裏方に徹しているみたいな。

#1はアップテンポでノリノリなサウンドでこういう系の苦手な人にも入っていける曲だ。
まぁ…アップテンポならさらりと聴き流せるわな。
それ以降はまぁ…そういうのが好きな人にはたまらないんだろうが
(それでもなれない事をやっていて魅力な曲がないという指摘も)。
というわけで個人的には楽しむことのできないアルバムでした。



1. The Bohemian Werewolf
2. Obsession
3. Miracles in Daylight
4. Killing the Myth
5. Dark Wings of Universe
6. The Awakening
7. Tears of the Sun
8. The Northern Silence
9. Bloodspill
10. Jailbreaker (Japan bonus track)

                         
                                  
        

ALMAH/Motion

category - 北米・南米・豪州
2011/ 11/ 16
                 
モーション
モーション
posted with amazlet at 12.06.24
アルマー
ビクターエンタテインメント (2011-10-19)
売り上げランキング: 130135




ANGRAのVoとしても有名なEdu Falaschiの所属してたブラジルのバンド
(彼はどちらのバンドも現在脱退、休止をしている)。
ツインギターのカッコいいイントロから始まるわけだが、
本題に入ったらスラッシーなギターと
EduのVoもがなるように歌い上げる部分が結構ある
(もちろんそれだけでなく無理のない中低音の歌い方もするけど)。
ANGRAしか聴いていない自分にとってはかなりドキッとさせられる。
なんでも、ANGRAのサウンドはかなり自分の喉に負担を強いられるようなサウンドだったとか。

#1はそのサウンドに圧倒されたこともあって、
それ以降はフックのあるメロディを入れた格好いい疾走曲だったり
美しいピアノを入れたバラードの曲あったり、
後半がもう少しいいメロディだったら尚よかったが
最近のANGRAよりもひょっとしたら満足かもしれない?



1. Hypnotized
2. Living And Drifting
3. Days Of The New
4. Bullets On The Altar
5. Zombies Dictator
6. Trace Of Trait
7. Soul Alight
8. Late Night In '85
9. Daydream Lucidity
10. When And Why

                         
                                  
        

ANSOTICCA/RISE

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2011/ 11/ 15
                 
Rise
Rise
posted with amazlet at 13.04.29
Ansoticca
Saol (2010-11-16)
売り上げランキング: 408,188



ドイツのシンフォニックゴシックメタル
壮大なオーケストレーションを加えたインストで幕開け。
何やらとんでもないサウンドを期待させるが。
#2から出てきたのは
ヘヴィなギターを中心としたなんかEPICAにも似てなくもないような
パワーメタル然としたアグレッシヴなサウンドだった。
非常につかみの悪い曲を持ってきたのはマイナスだが、
それ以降は、確かにモダンさもある(打ち込みのピコピコ音もする曲も)が、
そこそこキャッチーなメロディも聴かれるし、
オーケストレーションアレンジもなかなかだと思う。
リズムチェンジをしてプログレ的なこともやったりはするが
それでも似たようなテンポの曲が多いのはちょっと残念だし、
ラストの曲みたくもっとオーケストレーションを前に出した方がいいような気もする。
女性Voはソプラノ系でもパワフル系でもコケティッシュ系でもなく、
個性はないもののレンジは広くて、表情豊かで非常に巧いね。




01. A New Dawn
02. Endless Sacrifice
03. Heaven Burns
04. Rise
05. I'm Alive
06. In Silence
07. Faces (On Fire)
08. Open Your Eyes
09. Our Time
10. Tears of a Clown
11. Open the Gates
12. Willing to Believe
13. Weight of the World




                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。