THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

ORATORY/Illusion Dimensions

Illusion Dimensions
Illusion Dimensions
posted with amazlet at 13.10.10
Oratory
Import [Generic] (2001-04-17)
売り上げランキング: 473,408



ポルトガルのメロスピバンドのデビューアルバム。
当時はBEHOLDERみたく男女Voが掛け合いで歌っていた。
しかもBEHOLDER同様男性Voはヘタなのも一緒(こっちの方がはるかにヒドイが)。
演奏もなんかあか抜けず今一な感じです。Keyは次作同様キラキラしていたりもする。
インストの#1明けの#2にキレの良い疾走曲を持ってこないで
やる気があるのか問われそうないい加減なミドルテンポ(途中で疾走はするが)の曲を
持ってきた地点でOUTでしょう。その後もそういう感じの曲が多くて聴き通すのに疲れる。
掛け合いな割にはこの下手な男性Voの比率が多いのもマイナスアクション。

特にこの時は次作にあるようなクサいメロディもほとんど見当たらず(というか埋もれている?)だが
#4なんかは結構好きだったりする(イマサンだけどギターとKeyのソロバトルもあったりもする)。
音質と男性Voも手伝って全体的にもっさりしたこの生ぬるさが支配していてこの地点では
20点台の点数をつけられたのも理解できるし、
よほどのマニアじゃないと手を出せないレヴェルだろう…。



1. Illusion Dimensions
2. With Glory And Melody
3. Fight For The Light
4. Kingdom's Legacy
5. Metal Messenger
6. In The Sky
7. Last Prophecy
8. Life In Another Star
9. Rising Land
10.Choose Your Future
11.World Of Illusion
12.Galaxy

[ 2011/04/30 ] | スペイン・ポルトガル

NoGod/欠片

欠片(初回限定盤)(DVD付)
NoGoD
キングレコード (2010-08-04)
売り上げランキング: 27997




日本のヴィジュアル系バンド。
メタルファンの間でもかなり評判になっているので
自分も試しに。

インスト明けの#2がメタルコア全開で
Voは日本語で抱擁系のデスVoをかますわけだが。
MEGAROMANIAもそうだったけど
ヴィジュアル系バンドにはただ、自己満的に絶叫したりするようなのが
昔からあって個人的にはあまりそういうのは好きじゃなかったり
(ただそういうのを#2だけに抑えたのは正解だと思う)。

Voはありがちな感じでそれは残念ではあるものの
メタルリックな音像でありながらも
90年代に一大ブームになったヴィジュアル系バンドならではの
爽快感溢れるある種ポップともいえるような
大衆受けするキャッチーなメロディを取り入れたサウンドを展開。
いや、彼らの場合はその90年代の音楽を彼らなりにメタル的なものを融合させて進化させた?
そんな感じかもしれない。

バリバリのメタルコアのような#2や#8があったり、#4にはプログレちっくなものを入れてみたり、
陽気なメロディのギターソロメインのインストの#7
(ギターソロが派手に盛り上がりながらフェードアウトしていくところがニクイ演出だ)や
ラストの曲のようにヴィジュアル系バンドとは全く違うイメージの曲を演じてみたり、
いろいろなスタイルの曲があってなかなか面白い。

アルバム全体はそこいらのヴィジュアル系バンドよりははるかにレヴェルは高いし、
ヴィジュアル系という枠に捉えられてしまうのにはもったいないような気がする。
#5が唯一の捨て曲のような感じで浮いてしまっているのが残念だ。



1. 鼓動
2. 心臓
3. 緋キ日ノ誓イ
4. 少年と地図
5. 慰みの空
6. 蝋翼
7. 君がくれた幸せと君に捧ぐ涙
8. カクセイ
9. 果実は嗤う
10. II-懐疑
11. 君に贈るいつまでも消えない詩

[ 2011/04/29 ] | J-ROCK/J-POP

KNIGHTS OF ROUND/The Gateway To Dimension

THE GATEWAY TO NEW DIMENSION(ザ・ゲートウェイ・トゥ・ニュー・ディメンション)
KNIGHTS OF ROUND ナイツ・オブ・ラウンド
Black-listed Records (2010-12-12)
売り上げランキング: 69,978




日本のメロスピバンドのミニ。
6曲入りだが短いインストが2曲あって実質4曲というのは少ない。

中身はヨーロッパでは十分すぎるくらい通用するくらいの
派手すぎるともいえるようなシンフォニックなKeyが特徴の
かなりのクサいメロディを伴ったメロディックスピードメタルをやっている。
DRAGON GARDIANとはまた違うベクトルのメロスピだと思う。
クサすぎて聴いている方が恥ずかしくなるようなものではないと思う。

#2とリメイクの#6は本当にカッコいい。
#3はアラビアン的なミドルテンポだが3分30秒くらいから
突然疾走をしてクサメロ全開になるのはなかなか面白い。
#5は特に印象は無くてこれは残念だ。

とにかく派手なKeyが印象に残るサウンドだ。
このミニだけでいろいろ評価を下すのはどうかと思うけど。
ギターは派手すぎる(つーか速過ぎる早弾き)ソロは控えて
ツインギターのハモリメロディの出番の方が多い。
ここにCAFE AU LAIT(MARCHEN STATION)のようなギタリストがいるとまた面白かったかもしれない。

問題はこのVoの鼻声交じり(という表現でわかるだろうか)のような歌唱なことだろう。
なんかもやもや感が付きまとってすっきりしない。ハイトーンはショボイし。
このVoは思い切り好き嫌いが分かれそうだ。
楽曲のクオリティが高いだけにこのVoは非常にもったいない…。


1. On The Road Again
2. Rainbow In The Night
3. The Pharaoh
4. The Calm Queendom
5. The Queen Ware Mystic Purple
6. Knights Of Round(2010 version)

[ 2011/04/28 ] | 日本 アジア 辺境

MARCHEN STATION/For The Sake Of God

For The Sake Of God
For The Sake Of God
posted with amazlet at 13.10.11
Marchen Station
Marchen Station (2009-05-01)
売り上げランキング: 104,921



MINSTRELIXのヴォーカル・LEO FIGAROと
ゲーム会社でゲームミュージックを制作している
(という情報がありました)ギタリストのCAFE AU LAIT
の2人によるメロスピユニットととらえてもいいのか?
このアルバムはデビューミニアルバムだろう。

中身は、ミニの上にインストが2曲
(#1も歌ものとしては中途半端な感じだから)
だからまともな(というのは語弊があるが)曲は4曲。ミニとしてはこんなもんか?
ドラムとベースは打ち込みなのか?なんか安っぽい。

内容はメロスピファン向けの作品だろうか?
メロスピにシンフォニックなKeyアレンジがあってポップ感もあって
ありがちなタイプと切ってしまえばそれまでかもしれない…。
でもウチは個性だのパクリだのってあまり気にしていないたちなのでそれは何とも思わない。
とりあえずそれなりの演奏力、歌唱力とメロディがよければいいのである。

Voは超絶ハイトーンと帯に書かれているが、確かに以前たくさんいたジャパメタ特有の
粘っこくてがなり系のスタイルではなく、
クリアーでハイトーン系のスタイルで悪くはないが
超絶というより、ティモ・コティペルト系の
キーが高くなると細くなって聴いている方が苦しくなるタイプ。
いや、ただ、ハイトーンが頼りないだけなのかも。
ハイトーンじゃなくても弱さを感じるのは痛い。
その上、英語での発音があまり上手くなく、
いかにも日本人が歌っているのが丸わかりでいただけない。

メロディもそれほどいいとは言えず、良かったのは#2と#7だけ。
あとの2曲はまだまだという感じですな。
ギタリストは名前とは裏腹になかなか流麗なソロを聴かせてくれてこれは意外だった。
ギタリストの名前にふさわしいのか?シンフォニックなKeyアレンジに
小洒落たピアノが出てきてこれはなかなかニクイ演出。この辺りはとてもよかった。

後はメロディに磨きをかけてVoが頼れるような存在になって頂きたい。
それと出来ることならバンド体制で活動していただきたいと個人的な意見。
このミニはあくまでもお披露目という感じだったし、
メロスピのアルバムとしてはそれでもいい方なので最近出たフルアルバムも聴いてみたいと思う。


1. For The Sake Of God
2. S.U.N
3. This Is For You (Interlude)
4. Heartbreak XX
5. Inevitable
6. Beyond The Dimensions (Interlude)
7. The Destined Time

[ 2011/04/27 ] | 日本 アジア 辺境

AREA51/Ankh

Ankh
Ankh
posted with amazlet at 13.10.11
AREA51
Black-listed Records (2005-08-05)
売り上げランキング: 713,105




3枚目が賛否両論(メロディの点では否の方が圧倒的だが)だった
日本の女性Voと男性ギタリストとのユニットの1st。

このころから完成度の高いネオクラシカルなメタルで正直、驚いた。
Yngwie Malmsteenのパクリ丸出しやんと言われたら元も子もないが…。
んで、このアルバムは最新作よりも思い切りギタリストは弾きまくっているし、
控えめになったKeyも同様に弾きまくり、今よりもサウンドが派手だ。
メロディも今よりもクサいフレーズを連発し、ギターとKeyのソロバトルがあったり、
曲によってはある種のファンタジックさもある。
もう#2で上記のすべてが詰め込まれているといっても過言ではない。

女性Voは今の方が成長しているがこの段階でも十分歌える。
ただ、ちょっとナルの入った癖のある歌い方をする時がある。イラっとくる(笑)。

9曲のうち3曲もインストというのはあまり好きじゃないが
(といってもインギー丸出しの#4はちゃんとした曲なのでご安心を)
疾走&アップテンポでプラスネオクラクサメロの曲ばかりなのでそれなりに満足です。

今のようなカッタるいスローテンポな曲もないのでさらりとすべて聴き流せる。
派手なネオクラメタルが好きな人はこのアルバムは結構気に入るんじゃないかと。

今よりもこのころの方がめっちゃよかった…とまでは断言はできないが
ただ、このころにはあって今には無くなったものがたくさんあるようなそんな気がした。



1. Invitation
2. Chaotic Phase
3. Extend Wings
4. Domain
5. Fate
6. Sky Above Clouds
7. Alea Jacta Est
8. Ankh
9. The Last

[ 2011/04/26 ] | 日本 アジア 辺境

AREA51/Goddess

Goddess
Goddess
posted with amazlet at 13.10.11
Area51
バウンディ (2010-03-24)
売り上げランキング: 193,580



日本の女性Voとギタリストのユニットの3枚目。
いったいどういう人脈でそういうことになったのか
ミックスにはJens Bogren(Opeth、Symphony X、Paradise Lost etc)を起用している。
サウンドの方には言うまでもないが宅録なんかには相手にならないほどいいのだが、
音質が良いのが逆にあだとなったかなんか淡白な印象でもある。なんか物足りなさを感じるみたいな…。
特に疾走曲ではKeyをもっと派手に前面に出してもよかったのでは?

(打ち込みと思われるが)オーケストレーションを使った壮大なインストから
ネオクラ的かつクサいメロディをフレーズをかましたファストチューンになだれ込みます。
メロディは比較的キャッチーでギターがネオクラ的だったりとそういうのはうれしいのだが、
あと、前2作よりもキーが下がったような感じがするのは気のせいだろうか?

キャッチーなメロディかつポップな疾走曲#2、#5、#9とミドルテンポ#4以外は面白くなく、
特にインスト#6後のスローテンポの2曲がかったるいだけで
これがものすごく痛い。
下手にシンフォニックで大仰しいものをやらず、上記の曲は本当にいいので
もっとポップなサウンドに活路を見出した方がいいような気がする。


ためしに1stを聴いてみたのだが、メロディはクサく思い切りネオクラ丸出しで
音は悪いなりが結構派手なサウンドでどうか原点に戻ってほしいものだ。

それでも日本のバンドがいろいろなバンドがデビューして
インディーズシーンが活気づいてくれたのは非常にありがたいことである。



1. Introduction ~Naissance~
2. nightmare
3. Regret et larme
4. Begins of Dissolution
5. Marionnette
6. Stillness
7. Miss you
8. VANITAS
9. Sincerity
10. U・TA・KA・TA

[ 2011/04/25 ] | 日本 アジア 辺境

少女病/残響レギオン

残響レギオン(初回限定盤)
少女病
ランティス (2010-12-08)
売り上げランキング: 54,081



何でもこれがメジャーアルバム第1弾らしい。
豪華なセットに惹かれて購入。

のっけからメロスピ、エピックメタルファンが喜ぶような疾走曲で聴く者を圧倒する。
内容はDRAGON GUARDIANに管楽器やコーラスを取り入れたサウンドだろうか…?
つまりDRAGON GUARDIANにRHAPSODY of FIREを加えた…という表現は無理がある?
Voは2人で掛け合いで歌っている。
ソプラノでもなく、キンキンでもなく…まぁ普通。安心して聴けるレヴェル。
ただ、音的にはDRAGON GUARDIANほどギターやドラム(特にバスドラム)の音は抑え目で
あまりメタル然とした音ではないのが個人的には残念。

まぁ#2とかみたいにジャズっぽかったりする曲もあったりして
決してメタルをやろうという意識は無いっぽい。
個人的にはDRAGON GUARDIANみたく完全にメタルをやってもらいたかったんだが…。

メロディはそれなりにフックがあるんだが
ゆったりめな曲が疾走曲に比べると弱いなぁ…。
#6では前半のだらだら感から激しくなっていくのはいいですねぇ…。

やっていることはDRAGON GUARDIANのDragonvariusの時みたく
ナレーションが入ったり、萌え萌えなアニメのセリフが入ったりして
それが嫌だとういう人には受け付けられないと思うが、
それでもDragonvarius程、嫌味にはならなかった。
このバンドの世界観につかることができました。
上記のようにだらだらしたところはイマサンなところもあったりもするが
全体的には満足した感はありました。
初回限定盤のみの豪華パッケージ負けは免れております。

一番このアルバムで驚いたのは
そうる透氏が参加している点。
個人的にはウゴウゴ・ルーガのなんかのコーナーに出ていたくらいしか知らないが
いろいろなバンドのライブサポートとして参加しているらしいんだが、
そういう有名な人が参加しているとは…。



1. 深紅のエヴェイユ
2. 十三月の不確定なドール
3. 偽物の夜に誓え反逆者
4. 未完幻想トロイメライ
5. 黒衣の放浪者
6. recollection
7. Legion
8. 終幕症候群
9. 真実の解放
10. 残響
#11にシークレットトラックがあり

[ 2011/04/24 ] | GIRLPOP/同人音楽

OPERATIKA/The Calling

The Calling
The Calling
posted with amazlet at 13.10.11
Operatika
Scarlet (2008-11-10)
売り上げランキング: 516,811




アメリカのバンドらしいです。
ただしメンバーの3人はロシア人とウクライナ人だとか。
ジャケットだけ見るといかにもゴシックメタルなんだが、
実際はかなりスピーディーなサウンドもやるシンフォニックメタルバンドだ。
いわゆるNIGHTWISHフォロワーなんだろうか?
女性が1人ならず2人もいるのもよし(笑)。
女性Voがメインで、時にはソプラノ的な声も出すようなかんじ。デスVoも曲によっては出てくる。

ギターはインギー直系のネオクラシカル風味なものをやられたいんだろうがだが
(もうね、インギー大好き感が嫌というほど伝わってくるんだけど)
なんか急ぎ過ぎた(いや単にリズム感が無いだけだとか?)
早弾きが逆に聴いている人を中途半端な感じを与えているような感じ。
あまり耳に残らないようなソロを弾いても…ねぇ。
でもこのネオクラ的な雰囲気のサウンドは決して悪くないんだが(むしろ歓迎クラスだ)
全体的にバタバタしていて落ち着きがないのが残念。

でもなかなか気に入っています。メロもそこそこクサかったりして。
落ち着かない演奏陣が一応のバンドの個性か(笑)。

次作で、演奏陣のクオリティが上がるのは期待したいが
変にモダンになって曲がつまらなくなったら嫌だなぁ…。



01. Intro
02. Gladiator
03. Tears Of The Sun
04. Dark Horizon
05. Ice Queen
06. Life Saving Flame
07. No. 3/23 In A Minor
08. Mask In The Mirror
09. Secrets Of The Past
10. The Storm
11. The Calling
12. Last Quest

[ 2011/04/21 ] | 北米・南米・豪州

SIRRAH/Will Tomorrow Come?

ポーランドのゴシックメタルの2nd。
前作もこのアルバムも当時は日本盤が出ていた。
女性Voやヴィオラ奏者を使い、クラシカルなフレーズをふんだんに取り込んだ作品だった。

今作はどちらかというとそのクラシカルなフレーズは減退して、
メロデスよりになりアグレッシヴになっている。美しさよりも激しさというのか…?
それでもゴシックメタルの範疇からかけ離れたわけではなく、
らしいサウンドはそれなりに聴ける。
ただ、やっぱりゴシックというよりメロデスっぽいんだよなぁ…。
Voはデスと朗々と歌い上げるクリーンVoが主に掛け合いでやられております。

前作のように泣き泣きのメロディを奏でていたヴィオラは
ほんの時折の登場するくらいになっている。
同じように女性Voも登場が激減してゴシックファンとしてはガッカリかも。
メロディも前作ほどいいというわけではないですしねぇ…。クオリティは高いんだが…。
いかんせん自分には好きにはなれませんでした。

彼らはこの後イチゴ摘みのアルバイトに行った(かどうかは不明)後、
解散したらしいわ。
クオリティは2作品とも高いだけに再結成を望む。



1. To Bring Order
2. ... For The Sake Of Nothring
3. Patron
4. Lash
5. Will Tomorrow Come ?
6. High Treason
7. Sepsis
8. Rhea
9. Madcap
10.Floor's Embrace





[ 2011/04/18 ] | ゴシックメタル

ORATORY/Beyond Earth

ビヨンド・アース
ビヨンド・アース
posted with amazlet at 13.10.10
オラトリー
ビクターエンタテインメント (2003-12-03)
売り上げランキング: 140,606




ポルトガル産のメロスピバンド。
ライナーのドラマーがニヒルな顔の写真がムカつくとかそういうのは置いといて…。
前作はBURRN!誌のレビューでクソミソに叩かれたらしいが(20点台だったらしいわ)、
前作は男女Voの掛け合いだったらしいが
そのヘッタクソだった男性Voが脱退して女性Voをメインに変えての2枚目。

のっけからクサメロ全開の疾走曲です。
音質があまり良くないのが残念(軽い感じ)ですが。

#1以外にもクサメロ、キャッチーでわかりやすいメロディ満載で決して飽きが来ません。
#3のコーラスは(英語さえわかればの話だがw)
思わず野郎コーラスと共に合唱したくなるほどテンションが上がってしまう。
ただ、後ろで雰囲気を出すだけで無くきらびやかだったり、
時にはクサメロをかますKeyの役割も何気にいい仕事をしている。
女性Voは力強さや表情があまりなく決して上手くはないがなんとなくFORGOTTEN TALESのVoにも似ている。

ただ、ギターソロに関してはせっかくの曲をぶち壊すほど
ただ、コッ速く弾くだけで(下手なのをごまかしている?)これはマイナスアクションだ。
RING OF FIREの1stに参加したジョージ・ベラスにも似ている(があっちの方が上手いが…)。
#7の出だしってTAKARAの3枚目の1曲目とそっくりな気がするんだが…。
ラストのシークレット曲はBANGLESのEternal Flameのカヴァー。コレもなかなか悪くない。

めでたいことにこのアルバムは輸入盤の評価が高かったためか
日本盤が出たのであった…しかもスンゲー遅くにリリースされたんだが…。

今も活動をしているとかしていないとか消息は不明…。
とにかくメロスピ、クサいメロディが好きな人は必聴の1枚。

1.Beyond Earth
2. Living Wisdom
3. Your Glory Wont Last of Ever
4. Eternal
5. Heroes From the Past
6. Concilium
7. Old Mans Prophecy
8. Song of Lust
9. Victory of Light
10. Story of All Times
11.A New Quest

リリース元によって曲順(とシークレット曲)が違っているみたいなので注意。

[ 2011/04/17 ] | スペイン・ポルトガル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR