2010年12月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

MY DYING BRIDE/Turn Loose the Swans

category - ゴシックメタル
2010/ 12/ 31
                 
イギリスのドゥーム色のあるゴシックメタルの
名盤と巷で言われている2ndより。Burrn!で伊藤政則氏も高評価していたっけ。

厳かなピアノから幕を開け、美しくも物悲しいヴァイオリンが鳴り響きます。
そしてヴォイスが入ります。この冷たさは北欧のゴシックメタルにも通じるところがある。
1曲目はそんな感じ。
それはこれから始まる地獄への序章といった感じでしょうか?
2曲目から本当の彼らの世界が始まります。
キャッチーとは無縁なドゥーミーかつアグレッシヴなサウンドが展開されます。
そしてプログレッシヴ感もあるのがなかなか面白い。
基本は朗々と歌い上げるVoが中心だが時には聴く者を奈落の底に叩きつけるかのごとく
デスVoが入り込んでくる。このデスVoがなかなかの迫力がある。
そんな中非常に叙情的なヴァイオリン(奏者が革ジャンをきて演奏してたらしいそうな)が
入り込んでくる。当時としてはなかなか斬新なアイデアだったのではないだろうか?

#5は非常に気味が悪いですが、このバンド1、2位を争うくらい不気味なサウンドらしいそうですね。
寝る前に聴くと悪夢にうなされるでしょう(笑)。
たしかこのアルバムの後に3曲入りミニが出たときに
この曲のリミックスがあったと思う。

アルバムの感想として個人的にはつかみどころが分からず、
まぁなんとなくではあるがまぁ…いいんじゃねぇのくらいだが
(それでもなにかとんでもない凄みみたいなものは感じるのだが…)。
まぁ1回聴いただけではこのバンドの良さは多分わからないと思われる。




1.Sear Me MCMXCIII
2.Your River
3.The Songless Bird
4.The Snow in My Hand
5.The Crown of Sympathy Pt1
5.The Crown of Sympathy Pt2
6.Turn Loose the Swans
7.Black God










            
スポンサーサイト
            
                                  
        

NATION/Without Remorse

category - スウェーデン
2010/ 12/ 31
                 
Without Remorse
Without Remorse
posted with amazlet at 13.09.11
Nation
Now & Then (1997-07-14)
売り上げランキング: 509,771




解散したDIONYSUSのギターリストのジョニー・ウーリンが
DIONYSUS前に在籍していたスウェーデンのバンド。
Yngwie Malmsteenっぽいクラシカルな(と断言はできんが)速弾きが得意のようだ。
Voはクセがなく、がならないハイトーンVoで
(この逸材はどこへ行ったんだ?もったいない)聴きやすく、
曲はうっすらとKeyを配置するような(ソロ以外での活躍はあまりないが)
いかにも北欧的な透明感のあるサウンドとなっている。
Yngwie Malmstee的でもあり当時のROYAL HUNT的でもあるのだろうか…?

当時はネットはなかったので雑誌とか(多分そうだろう)で高く評価され、
ビクターから出ていたピュアメタルサンプラ―に収録されている(1曲目に収録されている)
#4を聴いたときはそれはそれは鳥肌ものでした。

で、本作なんですが、まず疾走曲を期待しないこと。
10曲中3曲しか収録されておりません。

疾走よりも「聴かせる」曲が多くて、キャッチーでポップでドラマティックな展開で、
サビになるとコーラスが爆発する…といった
それなりの要素は備わっているのだが、
いや悪くはないんだが、やっぱり疾走曲の出来がよすぎるのか(いや疾走以外の曲も
じっくり聴けばかなりのクオリティであることは確かなのだが…)
個人的にはそれ以外の曲に魅力を感じませんでした。そして1曲1曲が長いのも難点。
変に明るい曲もあったり(うまくマイナー調に変換したりするところはさすがなのだが…)。

ABBAのカヴァーはご愛嬌という事で(ただしレヴェルは低くないよ)。


1. See Them Fall
2. You`ll See
3. Live In A Lie
4. Nation
5. Just Before
6. Love Will Return
7. Without Remorse
8. Goin` Insane
9. Water Loo
10. Don`t Need To Come

                         
                                  
        

NORTHLAND/Northland

category - フォーク・トラッドメタル
2010/ 12/ 30
                 
Northland
Northland
posted with amazlet at 13.10.11
Northland
Black Bards Ent. (2010-07-01)
売り上げランキング: 366,271




スペインのフォークメタルバンド。ジャケットは敬遠しがちだ。
笛っぽいKeyが全体を覆うような(いや実際笛も結構出番が多いんだが)、
シンフォニックな要素もある聴きやすさも兼ね備えて
そこにデスVoや漢臭いコーラスが入ったりといった感じでしょうか?

インスト明けの#2からクサいメロディと共に疾走してファンはガッツポーズものでしょう。
メロディとかKeyをバックに入れている点や、
その掛け声とかENSIFERUMを明らかに意識しているなぁ…とニヤついてしまう。
笛などの民族的な楽器やメロディに関してはこっちの方が上かもしれない?
ENSIFERUMのフォロワーだとか何とかという事はどうでもいいから、
後は最初から最後まで一気に聴き通せるだけのメロディを磨いてほしい。
#4のような曲がもっとないと現段階ではツライッス。


1. Prelude To Revenge
2. Revenge
3. Immortal Forest Song
4. The Old Town's Inn
5. Lord Of The Flies
6. Everything Becomes Dust
7. Path To...
8. Northland
9. Distant Land
10. Where The Heroes Die
11. Withering Rose

                         
                                  
        

ARTHEMIS/The Damned Ship

category - イタリア
2010/ 12/ 29
                 
ザ・ダムド・シップ
ザ・ダムド・シップ
posted with amazlet at 13.08.25
アルテミス
マーキー・インコーポレイティド (2001-09-21)
売り上げランキング: 386,800




POWERQUESTにも在籍していたシンガーやギタリストの
元のいた(現在は確か脱退)バンドがコレ。
イタリアのメロスピバンドなんだが、
イタリアとメロスピと言うだけでLABYRINTHやらRHAPSODY OF FIRE等といった
メロスピバンドを生んだ地でもあるだけに
もう喜ばずにはいられないタチの人間なんだが
その人間の期待をはるかに裏切る音楽性をこのバンドはやられております。

いや、クオリティがあまりにも低いとかそういう話じゃなくて
演奏陣に関しては全く問題はないんだけどね。
メロディの点でわれわれの想像するようなものとは違うという事。
無駄に長いようなファーストトラックはそれほどでもないがそれ以降の曲は…。

音質はペラペラで(まぁコレはレコード会社の問題だから仕方ないが)
Voは必要以上にハイトーンシャウトをかまして鼻につく。

ギターはそれなりに弾きまくりはもったりとそれなりに魅力なことをしているつもりなんだろうけど、
肝心の曲がつまらなくてはどうにもならない。その上曲が長いと来ればもうたまったもんじゃないって。

BURRN!ではSONATA ARCTICAを引き合いに出していたが
(レヴェルはARTHEMISの方がかなり落ちると書いていたが)
嘘言っちゃいけねぇ、ただの疾走スタイルだけで例に引き合いに出したのか?
それならSONATAもいい迷惑だ(言い過ぎ?)。

ネオクラシカルなフレーズを時折かましてクサメタラーのハートをわしづかみにした
初期のSONATAのメロディとは全く違うってぇの。超騙されたよ。
あまりの曲のつまらなさに全曲まともに聴かないで速攻売り飛ばしたんだが。
まぁ今聴き直してみるとそこまで酷くはない…かな?的なところもあるっちゃある。
#3とか(全部じゃないけどね)、#4のラストとか…。
#9では「真面目~あんだってぇ~?」って聴こえる個所が…。
ただ、クサいメロディを期待するファンを思い切り裏切ることは間違いなく保証します。
DRAGONFORCE同様ギターキッズのためのアルバム。



1. Quest For Immortality
2. Voice of the Gods
3. Sun's Temple
4. Starchild
5. The Wait
6. The Night of the Vampire
7. Earthquake
8. Noble Sword
9. The Damned Ship
10. Twilight

                         
                                  
        

SINERGY/Suicide by My Side

category - スウェーデン
2010/ 12/ 28
                 
スーサイド・バイ・マイ・サイド
シナジー
(株)トゥルーパー・エンタテインメント (2011-06-08)
売り上げランキング: 367,602




フィンランドのエクストリームバンドCHILDREN OF BODOMのAlexi Laihoのもう一つのバンド。
Voはキンバリー・ゴスという女性。
1stアルバムにはSharlee D'Angeloや
元IN FLAMESのJesper Strombladも参加していたことで話題になった。


いきなしAlexiのタン吐きから始まるという
あまりにも品の無いSEから始まる。
まぁそれがすべてを物語るかのように
かなりアグレッシヴなパワーメタルが全編に渡って展開される。
正統派にも近いかもしれない。だからなのだろうか、
最初一通り聴いたときは右から左に受け流すだけで今一つピンとこなかったのだが…。
改めて聴いてみるとその高いクオリティに驚かされる。
ただアグレッシヴなだけでなく、
聴かせるところはきちんと聴かせるメロディを備えているのがさすがだ。
CHILDREN OF BODOMとはまた違った音楽性をここでは展開している。

#1はこのアルバム中でも名曲かもしれない。曲はもちろん、
間奏のギターソロがカッコイイ。かなり弾くのでギターキッズも大喜びだ。
キンバリーのVoはこれ以上に無くパワフルで聴く者を圧倒させる。
パワフルなだけかと思えば女性らしい(?)歌い方もしており幅が広い。
女性VoでこのタイプのVoは他にもいるが外見もはもちろん追随を許さない存在でもある。
1stはフィンランドのエクストリーム界の実力者たちが集まったプロジェクトみたいなものだったが
作を重ねてバンドとして確固たる地位を確立したようなそんな貫禄さえも漂ってくる。

残念なのはメンバーが他の(自分らの本来の?)バンドに専念しているために
事実上の活動停止、解散状態になっているのが残念だ。
でも恐らく復活するでしょう。それはいつになるかわからんがね。

#1と#6は個人的に結構お気に入り。

1. I spit on your grave
2. The sin trade
3. Violated
4. Me, myself, my enemy
5. Written in stone
6. Nowhere for no one
7. Passage to the fourth world
8. Shadow island
9. Suicide by my side
10. Remembrance

                         
                                  
        

BEHOLDER/The Legend Begins

category - イタリア
2010/ 12/ 26
                 
The Legend Begins
The Legend Begins
posted with amazlet at 13.10.10
Beholder
Dragonheart (2001-04-23)
売り上げランキング: 419,570




イタリア産の男女Vo擁するメロスピバンドのデビューアルバムから。
彼らはとっくに解散はしているので残念だが、
ここのKey奏者が怪しいパフォーマンスをすることで
それでその筋のファンから絶大な支持を受けたわけだが。

まず、気になるのが男性Voの下手さ(のちに本を出したそうな、何の本なのか謎)。
確実に楽曲の足を引っ張っている。
確かに男性女性のコラボというコンセプトは悪くはないが、これはマズイっしょ?
演奏力はまぁまぁ、すごく良いというわけではないが悪くもない。
音質の悪さも含めてB級メタルバンドにありがちかなぁ…。

このアルバムはとにかく疾走曲が多いです。
まぁそれは次のアルバムでもそうなのだが、このアルバムの方がメロディは遥かにクサいです。
ただ、#2のインパクト(というより充実した楽曲)が
凄過ぎて他がかすんでしまうという悲しい現実。
それでも#2を除けば十分ファンは納得するんじゃないかと。

上記にも書いたとおりとにかくクサいメロディで突っ走る#2は必聴。
この曲で日本のメロスパー(その表現がよくわからん)の
ハートをわしづかみにしてブレイクしたわけですからね。
何度聴いてもこの曲はいいなぁ。好きだなぁ…。

この後2枚のアルバムを出してラストの3枚目に至っては
今は亡きサウンドホリックから日本盤がリリースされたわけだが(ジャケが最悪!)。
クサいメロディが減退し、魅力のないメロディ満載の作品になって
自分を含めてガッカリさせられたなぁ…。
この名物Key奏者は元気でどこかのバンドに参加しているのか…。
ファンはバンドよりもそっちの方が気になったりする(笑)。

1. Enter The Realm
2. The Ring of Freedom
3. Ivory Tower
4. Call For Revenge
5. Blood and Pain
6. The Ancient prophecy - The Journey
7. The Ancient Prophecy - The Oath
8. The Fallen Kingdom
9. Until Darkness Falls
10. Chains of Fate

                         
                                  
        

SOLEFALD/Norron Livskunst

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2010/ 12/ 25
                 
Norron Livskunst
Norron Livskunst
posted with amazlet at 12.06.17
Solefald
Indie Recordings (2011-03-29)
売り上げランキング: 267055






ノルウェーのプログレッシブブラックメタルバンド。
このバンドは最初のアルバムしか知らなかったので
2人だけのユニットバンドでアヴァンギャルドっぽいメロディのあるサウンドだったわけだが
(その当時はベルアンティークもどきのような
帯と解説だけ付けたもので売られていて
DiskunionのチラシにもHAMMERFALL同様表紙にデカデカと載っていた記憶がある)。
最近の彼らのことは何とも言えんのですが。

のっけからプログレのかかったサウンドを展開。母国語で歌いあげます。女性Voも入る。
もちろん激しさも忘れてはいない(おそらくドラムは打ち込みだろう。いやよくわからんけどね)。
邪悪というよりも怪しい臭いのするメロディを撒き散らしながら疾走し、
デビュー当時からあるアヴァンギャルドさをさらに推し進めて
そこにQUEEN真っ青のコーラスを入れてプログレを足したような、
まさになんでもありのようなある意味末恐ろしいサウンドを展開しているというのか…?
メロディが少々ヴァイキングっぽかったりするのもポイント(無理やり?)。
曲によってはサックスが入ったりもする。ある種の計算高さも感じたり?
スクリームヴォイスも忘れてはいないが出番はクリーンヴォイスの方が多いかもしれない。

そのunionのチラシのあおりを受けて購入した1stのころしか知らなかったバンド。
そのころからもう7枚目になった今作だが、
確実に初期のころから進化を遂げていたということだけははっきり言えるわ。
#2のような曲があともう1、2曲欲しかったかな?


1. Song Til Stormen
2. Norrøn Livskunst
3. Tittentattenteksti
4. Stridsljod (Blackabilly)
5. Eukalyptustreet
6. Raudedauden
7. Vitets Vidd I Verdi
8. Hugferdi
9. Waves Over Vallhalla (An Icelandic Odyssey Part 3)
10. Til Heimen Yver Havet

                         
                                  
        

ABRAXAS/The Liaison

category - ドイツ
2010/ 12/ 24
                 
ドイツのKey入りのジャーマンメタル。
いわゆるHELLOWEENフォロワーなサウンドだ(ただし、
今巷にあるようなメロスピと言われているサウンドとは若干違うので注意が必要だ)。
もうファーストトラックがそのものですもの。

ただ、ヘッコのそれ以上でもなければ
むしろそれ以下のサウンドなので(下手なVoがそれを物語ってる)
その系以外の人にはあまりお勧めは致しませんわ。ク×みたいな捨て曲もあるし…。
メロディもそんなに面白くもないのが致命傷ですねぇ…。


#4、#10はコロコロリズムチェンジをかます大曲です。
特に知らなくてもいいようなマニア向けのアルバム。


1. Cry of the Nature
2. Dream Dealer
3. Crusader Prayer
4. Gates to Eden
5. Dreamers Island
6. Explorers
7. Tomorrow's World
8. Place Without Mirrows
9. The Liason
10. Euphoria
11. Signs (Bonus Track)

                         
                                  
        

L'Arc~en~Ciel/Heavenly

category - J-ROCK/J-POP
2010/ 12/ 22
                 
heavenly
heavenly
posted with amazlet at 12.06.13
L’Arc~en~Ciel
キューンレコード (1995-09-01)
売り上げランキング: 4903


日本のバンド。
彼らが有名になったきっかけになったのがこのアルバムだという事には間違いないだろう、多分。

前作のアルバムからのシングルカットされたBlurry Eyesの衝撃が(自分の中では)非常に強く
hydeの透明感あふれるVoも相まって今までの邦楽にはない
ある種ポップともいえるような非常に爽快感溢れるロックというのか…。

で、大宮のAというビルにあるCDショップで
このアルバムに収録されている#2を聴いたときは
1stシングルを踏襲するような内容でそれはもう鳥肌ものの感動モノでした。

で、このアルバムになるのだが、
歌い方は前作よりも力強さが加わった感じです。
サウンドも彼ら独特の幻想的な世界観からロック色が強くなったような感じではあるが
そこにポップさを加えてみたりと決して聴きにくさは感じません。

暗い歌詞が多い中でも決して
フューネラルドゥームゴシックのような聴く者を悲しい気持ちにさせないで
逆に爽快感のようなものを感じさせてくれる。
そしてこの音こそ、この世界観こそラルクだという、
確固たるものを築き上げたといっといっても過言ではないだろう。

だからこそ諸事情でドラムが後退してからの最初のシングル「虹」の曲を聴いたときの
今までの彼らの世界観をぶち壊したようなサウンドに変化したことへの失望感はとても大きかったのも事実。
今の若いコは虹以降のサウンドこそ彼らだと言ってはばからないだろうし、
ある読者モデルのコに至ってはVivid Colorsをマイナーな曲にカテゴライズするという
30代半ばの人間にとっては絶対あり得ない(多分)事で、
世代間のギャップというものに対しての恐ろしさを感じた。


1.Still I'm With You
2.Vivid Colors
3.and She Said
4.ガラス玉
5.Secret Signs
6.C'est La Vie
7.夏の憂鬱
8.Cureless
9.静かの海で
10.The Rain Leaves a Scar

                         
                                  
        

FAIRYLAND/Of Wars in Osyrhia

category - フランス/オランダ
2010/ 12/ 20
                 
オヴ・ウォーズ・イン・オシリア
フェアリーランド
マーキー・インコーポレイティド (2003-03-21)
売り上げランキング: 147724




フランスのシンフォニックメタルバンドのでこのアルバムのみVoは
元DARK MOORのElisaが担当している。
RHAPSODY(OF FIRE)の女性Voヴァージョンといっても過言ではないんだが(それは言い過ぎか?)
とにかく派手なオーケストレーションやらオペラコーラスなどがふんだんに盛り込まれた
大仰しいまでのシンフォニックをやっている。
ギターソロもKeyソロもそれなりにあるし、完成度はかなり高い。
メロディも結構クサくてその筋のファンからは当時絶大な評価をされたのもわかる。

…わかるんだが、一つだけ最大の欠陥があって、
それはこのアルバムのVoのElisaの弱さが完全に露呈してしまったこと。

DARK MOORでも気にはなっていたのだが楽曲のレヴェルをも下げるほどではなかったが
このアルバムではとにかくElisaのVoの弱さが足を引っ張っている。
それがこころなしか楽曲にまで影響をして、今一つ盛り上がりに欠ける。
たしかにRHAPSODY(OF FIRE)並みに凄いことをやっていることは確かなんだが、
なんか聴いてても満足感が得られないというか…。
だから自分は買った当時「まさかこんなはずでは」感でいっぱいだったなぁ…。



1. And So Came The Storm...
2. Ride With The Sun
3. Doryan The Enlightened
4. The Storyteller
5. Fight For Your King
6. On The Path To Fury
7. Rebirth
8. The Fellowship
9. A Dark Omen
10. The Army of The White Mountain
11. Of Wars in Osyrhia
12. Guardian Stones (Bonus track for Japan only)

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。