2009年10月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

MAGICA/Lightseeker

category - ロシア/東欧
2009/ 10/ 31
                 
ルーマニアのメロディックメタルバンド2nd。
Voはやさしい歌い方をする(といってゴシック系に
よくあるフワフワ系ではありません)女性です。
明るいファンタジック的なインストから始まります。
その後もKeyを中心とした明るいファンタジック的なサウンドを展開します。

時折マニアがニヤつくようなネオクラシカル系だったり
クサかったりするメロディが飛び出します。
まぁアルバム全体を通して聴くとまだメロディの質が今一つだし、
サウンドプロダクションとかドタバタしているとか改善の余地を言いだすと
キリがありませんがそれでも構わないというマニアの人は
とりあえず聴いてほしいと思います。
といってこのアルバム廃盤になっているので
中古市場を漁ってください…。


1 The Circle
2 Bind You Forever
3 Bittersweet Nightshade
4 Dance of the Wasp
5 A New Paradise
6 Samhain
7 Witch's Broom
8 The Living Grimoire
9 Black Lace
10 Curse for Eternity
11 Wormwood
12 Inluminata

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

WITHIN TEMPTATION/Enter

category - ゴシックメタル
2009/ 10/ 28
                 
Enter
Enter
posted with amazlet at 13.10.05
Within Temptation
Season of Mist (2007-09-18)
売り上げランキング: 433,006



オランダ…いや世界を代表するまで(言い過ぎ?)になった
ゴシックメタルバンドの記念すべき1st。
まだアメリカのラウドロックEVANESCENCEのモノマネを
していないKeyをふんだんに盛り込んだ真っ当な
シンフォニックゴシックメタルをしています。

やや弱いフワフワした女性Voが陰鬱とした樹海に迷い込んでしまい
わずかな光や希望をもたらしたかと思えば
このアルバムでしか聴くことのできないデスVoが
絶望という奈落の底に叩きつけるという感じでしょうか?

もう少しメロディが個人的な好みの叙情性であれば
うれしかったんですが何だか淡白な感じでもあるのが残念…。
それでも今のEVANESCENCE調のノリを前面に出したサウンドよりも
こっちの方がずっと好みだわ、ホント。
#7(インストだがw)、と終始泣いているピアノが美しい#8が気に入りました。
このころはまだ今のようなオーケストレーションを派手に導入したEVANESCENCEのパクリではないので
ゴシックメタルにジャンル分けしました。



01. Restless
02. Enter
03. Pearls of light
04. Deep Within
05. Gatekeeper
06. Grace
07. Blooded
08. Candles





                         
                                  
        

XANDRIA/India

category - ゴシックメタル
2009/ 10/ 25
                 
インディア
インディア
posted with amazlet at 13.04.29
キサンドリア
マーキー・インコーポレイティド (2005-10-21)
売り上げランキング: 368,049




ドイツのゴシックメタルバンドの3rd。
前作が輸入盤市場でそれなりのセールスを挙げたのを受けてか
今作(だけ)は日本盤も発売されました。
1曲目は前作に無いタイプのかなりアグレッシヴなサウンドにビックリさせられます。
でもいい曲です。スピーディで勢いのあるこういうタイプの曲も好きです。

そのあとの曲は彼ららしいいつものシンフォニックな装飾を施した
ゆったりとした聴きやすいゴシックサウンドなわけですが
とりあえず2曲目までは良いのですが
そのあとが物足りないです。曲がつまらないんです。ジャケもダサい…。

アルバムのコンセプトなのか中世っぽいメロディが目立ちます。
WITHIN TEMPTATIONっぽい曲をやってみたりしてそれはいらんのちゃう?
前作も個人的にはあまり面白くはなかったんですが
今作は前作以上に面白くありません。グッとくる曲がないから。
セールスも伸び悩んだのか
次作は日本盤はドロップされてしまいました。


01 .India
02 .Now and Forever
03 .In Love With the Darkness
04 .Fight Me
05 .Black and Silver
06 .Like a Rose on the Grave of Love
07 .Widescreen
08 .The End of Every Story
09 .Who We Are (And Who We Want To Be)
10 .Dancer
11 .Winterhearted
12 .Return to India
13 .Drown In Me
14 .So Sweet





                         
                                  
        

AURORA/Dedevotion

category - メロディックデスメタル
2009/ 10/ 12
                 
デンマークのメロデスバンドらしいです。
ジャケットが非常にいやらしくもあり、
そしてなんかゴシック的な雰囲気を漂わせていますが、
中身はそれほどゴシック的ではなく
もっと激しいサウンドであります。
まぁ無理やりゴシックメタルと結び付けてもそれほど違和感もないか。

聴いてもらえれば分かるのですが最近ではそれなりにだらだらした感のあるサウンドも
ゴシックと扱われるようにもなっていますからね。

ギターがかなりメロディアスなフレーズをかましてくれるのが特徴です。
曲によっては普通声だったり女性Voが入ったりしますが、
それ以外には特に取り上げるものもなく、
それほど印象に残るようなメロディがあるわけでもなく
ものすごく惜しいんだけどなぁ…。ジャケット負けしていますな…。
10分以上の曲が2曲あり。


1 Mrs. Pink
2 It's Just
3 Devotion
4 All The Things
5 Slow Down
6 In This Room
7 Catharsis
8 You

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。