THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

GREENROSE FAIRE/My Home Is Where My Heart Is

My Home Is Where My Heart Is
My Home Is Where My Heart Is
posted with amazlet at 16.04.04
Greenrose Faire
Secret Records (2013-10-15)
売り上げランキング: 679,521



フィンランドのフォークロックバンドらしい。
ジャケットだけ見るといかにもBlackmore's Nightなんだけど。
まぁそんな様な中世のフォークロックかと思って聴いたのだが、
これがBlackmore's Nightとは若干違う方向でなかなか面白い。


続きはこちらから

[ 2016/04/04 ] | フォーク/トラッド

JOANNA NEWSOM/Ys

Ys
Ys
posted with amazlet at 15.07.21
JOANNA NEWSOM
DRAG CITY (2006-11-14)
売り上げランキング: 115,351



アメリカのフォーク/トラッドシンガー(ということでいいのか?)の作品。
なんでもハーブの弾き語りシンガーなんだとか。
おとぎ話のようなジャケットだが、
ハーブやアコギによるアコースティカルなサウンドに
効果的にオーケストレーションを使用し、
そこに時にはコケティッシュだったり、
時にはエキセントリックだったりする女性Voが乗っかるという感じ。
なかなか幻想的かつ壮大なドラマティックなサウンドに仕上がっている。

どれも大曲志向でひたすら聴かせるサウンドではあるが、
聴いているとどことなくプログレッシヴロックにも通じるような
めまぐるしい展開をみせる部分もアリなかなか面白い。
決してわかる人以外にしかわからないようなアート的な作品に陥っていないのは
好感が持てる。


01. Emily
02. Monkey & Bear
03. Sawdust and Diamonds
04. Only Skin
05. Cosmia
[ 2015/07/22 ] | フォーク/トラッド

ATARAXIA/Wind At Mount Elo

イタリアのゴシック風味もあるネオフォークバンドの22枚目らしい。
リミテッドエディションというものに惹かれ購入したんだが、
ケースというものがなく、輸入盤にありがちな紙パックという…。

どことなく明るめのメロディにアコースティカルに女性Voが乗っかる優しげな曲から始まる。
途中からノイジーなギターやシンセも入ったり、この女性Voの歌い方が
フツーの歌唱からちょいとドスの効いたような歌唱まで色々な表情を出すものの
基本は購入したCD店の宣伝文通りポジティヴな雰囲気ではある。

当然それ以降の曲もポジティヴ路線でいくのかと思いきや、
そういう曲はあまり見当たらなく、パーカッションも加えて、
むしろ相変わらず呪術的なものや神秘的なものの印象が強いといった感じ。

#3とか打ち込み音が入るものもあり、最近のこのバンドを自分が知らないだけか
どこのバンドかと思うような事をやっていて驚かされた。神秘的ではあるが。
正直、どの曲も中途半端的な印象は否めず、長めの曲が多くてダレるのは確か。
ラストの曲も途中からいきなりエレクトロな部分が入り込んで何やってんだか…。


01. I Am
02. Espirito Del Agua
03. Innocence (The Same Or A New One)
04. My Lips Blow You Wind
05. She-He Renewed
06. In(k) Meditation
07. Absorbed
08. Lost Cosmonaut
09. Grace Rhythm
10. Sei L'Oro Che Ti Veste
11. Truth Explored
12. Purity Movement
[ 2014/11/13 ] | フォーク/トラッド

ALTAN/Island Angel

Island Angel [オンデマンド(CD-R)]
Altan
Green Linnet (1993-10-06)
売り上げランキング: 213,385




アイルランドのトラッドバンドで5枚目らしい。
幻想的なジャケットなのでどちらかというとさみしげなメロディの曲をイメージしたが
中身はフィドルやアコギ、フルート他民族音楽器を色々と使い
のっけから牧歌的というかご機嫌なケルト調サウンドを展開。

ただ、インストは比較的アップテンポでフィドルメインのケルトサウンドをやり
ほぼ交互にアコースティカルで清涼感のある女性Vo等らの入る
しんみりとした曲を入れるというやり方が個人的には好きにはなれない。

女性Voの入る時でも(ある種の)インスト時同様に攻撃的なフィドルが入ったりしたら
それはそれでまた面白いんだが、インストと歌入りとで
がらりと曲の表情を変えるのはちょっと好きじゃない。
インスト曲のメロディが個人的にツボで大いに盛り上がるだけに
その高揚館に水を差すようなそんな感じにも思えるなぁ…。


1. Tommy Peoples The Windmill / Fintan McManus’s
2. Brid Og Ni Mhaille
3. Fermanagh Highland Donegal Highland John Doherty’s King George IV
4. An Mhaighdean Mhara
5. Andy De Jarlis Ingonish / Mrs. McGhee
6. Humours Of Andytown Kylebrack Rambler The Gladstone
7. Dulaman
8. Mazurka
9. The Jug Of Punch
10. Glory Reel The Heathery Cruach
11. An Cailin Gaelach
12. Drumnagarry Pirrie Wirrie / Big John’s
13. Aingeal An Oileain Island Angel
[ 2014/11/03 ] | フォーク/トラッド

GRADA/Endeavour

Endeavour
Endeavour
posted with amazlet at 13.12.22
Grada
Compass Records (2005-02-22)
売り上げランキング: 329,148




アイルランドとニュージーランド人がいるという
フォーク・トラッド系のバンド。

フルート、アコギにフィドルやパーカッションや
民族楽器によるそれらしいメロディが
#1から展開される。何とも軽快なサウンドで心地がいいのだが
フィドルやフルートがメインのような曲だとなんかフォークメタルのそれ的な音で
これで思いギターやドラムとかが入ったら
もう完全にそっちのサウンドが完成してしまうんじゃないかと思ったり
(実際このバンドにはそれはないけど)。

アップテンポな曲もあるけど、スローなテンポではしんみりとしたメロディに
女性Voが優しく歌い上げると言った感じでそれもまたいい感じ。
単なる能天気なトラッド/フォークメロディとは違い、
そこそこの叙情メロディがちりばめられていて、
キャッチーで耳に残りやすいというのは高ポイントが高い。
聴いているうちにうっとりしてしまいますな。
こないだ感想を書いた同じようなサウンドをやっている
OLD CELTIC & NORDIC BALLADSよりも
遥かにこっちの方が魅力のあるメロディが多く、気にいった。


01. Cathain
02. Pint Of Reference
03. Biodegrádable
04. Swallow
05. Anto's Gambit
06. Diamantina Drover
07. Madam I'm A Darling
08. Out In Otaki
09. Once Loved A Boy
10. Snow Leopard
11. Mini Minor
12. Endeavour
[ 2013/02/04 ] | フォーク/トラッド | CM(0)
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

NORTHERN HELL SONG

PANTHEON -PART 1-(初回限定盤)

THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)

リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)

【Amazon.co.jp限定】Unlimited Diffusion(CD+DVD 限定盤)

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサ

カテゴリ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR