音楽(シンフォ・プログレ等)

        

KARNATAKA/Delicate Flame of Desire

category - イギリス
2017/ 07/ 04
                 
Delicate Flame of Desire
Delicate Flame of Desire
posted with amazlet at 17.07.01
Karnataka
Immramma UK (2003-01-01)
売り上げランキング: 240,546



イギリスのシンフォニックロック、3作目らしい。
派手で壮大なシンセとフルートによるインストから始まる。

幻想的な雰囲気のハープを始め、フルートや
アコギ、パーカッションとかも入るものの
あまりケルティック系の音は抑えて
どちらかというとこのアルバムでは
ネオプログレ的なシンセをはじめとして
テクニカルではないが
非常に耳を惹くメロウなギターワーク、
やさしげな女性Voがそこに乗っかり
サビではコーラスが包み込むといった感じの
明るいメロディに乗せた
繊細かつ品のいい大人のサウンドというべきか…?


続きはこちらから




                         
                                  
        

KARFAGEN/7

category - 東欧&ロシア
2017/ 06/ 26
                 
Seven
Seven
posted with amazlet at 17.06.26
Karfagen
Imports (2015-09-18)
売り上げランキング: 534,652



ウクライナのシンフォニックロックバンド
7作目だそうでタイトルが7のよう。
でも曲数は4曲しかないのだが(苦笑)。
その辺りには特にこだわりはないようだ。

のっけから30分近くの大曲
(フツーはそのくらいの大曲は
ラストとかに持ってくるようなものなのだが…)
はレビューサイトで書かれていた通り
SF的なSEで始まるわけだが
それがひと段落すると、いわゆるネオプログレ的な
シンセをメインにピアノだの何だの
いろいろな音を出しながら、
ギターとともに美しいメロディを奏でる
ある種やさしげな雰囲気なサウンドを醸し出す。


続きはこちらから



                         
                                  
        

THE MORRIGAN/Wreckers

category - イギリス
2017/ 06/ 11
                 
イギリスのプログレバンドの1996年作で
これが何枚目になるのかは不明。
笛の音色から始まりドラムなり、フォーク・トラッド系によくある
民族楽器が入ってきて徐々に盛り上がっていくインスト
(しかしギターの音とか音量とか96年作
とは思えない程異様に古臭いのが気になる)
からスタートする。

ただのフォーク・トラッドバンドではないのが
このバンドで、そういう民族楽器による心地いい
音色を奏でながらもしっかりとひねくれたリズムを展開し
きちんとプログレをしているわけだ。

#1こそはインストだったがその後は
やや年配っぽい女性Voが(#8に関しては男性も歌うが…)
時には力強く歌い上げたり表情豊かに歌い上げる。

またシンセが登場するとシンフォニックさが増し、
そのシンセの使い方次第で
ある種の神秘的な要素も感じたりもする。
全体的にフォークやトラッド的なサウンドでありながらも
ネットで書かれているように中世的な要素もそこかしこにあり
そこにさらにプログレ的な要素が入っているという感じか。

曲によってはザビエルレコードに売られているような
ネオフォーク的な曲もあったりと
まぁいろいろな要素が詰まってて
(中には余計なものもあったりするのだが…)
なかなか興味深いサウンドに仕上がっていて
音が古臭いのが逆に魅力を増しているのかもしれない?
でも最後まで聴いて個人的には
フォーク/トラッド色が強いサウンドが
一番好きだということが分かるのだった。



01.The Miller's Dance
02.Yarrow
03.The Wreckers
04.Banks Of Green Willow
05.Cold Haily Windy Night / Drowsy Maggie
06.The Agincourt Carol / La Rotta
07.Cold Blows The Wind
08.Wheels Turning
09.When The Rain Comes Down
10.Dark Girl Dressed In Blue / The Doubting Page


Wreckers
Wreckers
posted with amazlet at 17.06.08
Morrigan Music (2011-11-16)




                         
                                  
        

FROST* /Milliontown

category - イギリス
2017/ 03/ 04
                 
Milliontown
Milliontown
posted with amazlet at 17.02.25
Frost
Inside Out U.S. (2006-07-18)
売り上げランキング: 5,700



イギリスのシンフォニックロック
メンバーにARENAだのIQだので活動している人が
いるからなのだろうか。まぁIQは自分はまだ聴いていないが
前者はそれなりに知っているので、
出てくる音はやはりというべきなのかはわからんが
(バンドの中心人物がシンセ奏者というのもあるが…)
近代的な電子音が派手に活躍するネオプログレ的なサウンド。


続きはこちらから


                         
                                  
        

TOUCHSTONE/The City Sleeps

category - イギリス
2017/ 02/ 28
                 
City Sleeps
City Sleeps
posted with amazlet at 17.02.25
Touchstone
Steamhammer Us (2012-01-17)
売り上げランキング: 298,757



イギリスのシンフォニックロック…らしい。3枚目だと。
パッと聴いたところだと、
どことな~くうす暗さを感じるような
ゴシックっぽさもあるようなシンフォニックメタルと言っても
あまり遜色はないかもしれない(かなりメタリックだ)。
Voは女性がメインでどことなく垢抜けない感があり
男性Voも時折入ったりする。

#1はアラビアン的な怪しげなイントロで始まるが
本編に入るとそんなものは一切なく、
なんかよくあるB級ゴシックメタルにありがちな
ファーストトラックと変わりないみたいな(苦笑)。



続きはこちらから





                         
                                  
        

THE BADGE/Le Relazioni Pericolose

category - その他ヨーロッパ
2017/ 01/ 07
                 
Relazioni Pericolose
Relazioni Pericolose
posted with amazlet at 17.01.04
Badge
Imports (2015-03-24)




イタリアのプログレバンド。一応これがファーストらしいのだが
彼らのキャリアは40年くらいあるのだそうな。
怪しさ満点の絵(いやそれは太陽なのか月なのかに顔があるだけなのだが)
のジャケットが非常に気になって聴いてみた
(なぜかAmazonでは18禁になっているのもおかしいのだが…??)。

音の内容はピアノを始めネオプログレ・ポンプっぽかったり
オルガンだったり、メロトロンあったり
様々な音を出しながらもとにかく派手である。
逆にギターの音はどこか古臭く、
ドラムの音も同様になんか古臭い。


続きはこちらから



                         
                                  
        

OPETH/Sorceress

category - 北欧
2016/ 10/ 24
                 
Sorceress
Sorceress
posted with amazlet at 16.10.15
Opeth
Nuclear Blast Americ (2016-09-30)
売り上げランキング: 465



スウェーデンの元々メロデスバンドだった
プログレッシヴロックバンドの2016年作。
孔雀と(元々がデスメタルだと思わせる)死体のジャケットが
インパクト大なわけだが。

寂しげなメロディのアコギによるインストから始まるが
続く#2はそんな哀愁を感じさせない
躍動感もあるリズムにある種の薄気味悪さを感じるようなメロディ…
(以前だったらそこに容赦なくデスVoが入りこんできたんだが)
ある種ドゥーム/ストーナーロックっぽいサウンドが展開される。



続きはこちらから


                         
                                  
        

PINEAPPLE THIEF/Magnolia

category - イギリス
2016/ 10/ 06
                 
マグノリア
マグノリア
posted with amazlet at 16.09.06
パイナップル・シーフ
WOWOWエンタテインメント (2015-01-28)
売り上げランキング: 297,265



イギリスのプログレバンド、
Your Wildernessのひとつ前になると思われる。
そのオルタナ云々があったので敬遠していたのだが、
Your Wildernessを聴いて前の作品も聴いてみようと思ったのだが。

確かに、要所要所でへヴィなギターがうごめいていて
そういうところだけ切り取ると正直聴きたくなくなるんだが、
それだけではなく、変速拍子をからめながらも、
アコギ、弦楽器やピアノ(曲によっては管楽器も)
を絡めた美しくも涼感あるサウンドで
やっている事は次作につながるような内容で
優しいながらもどことなく寂しげな歌い方といい、ポーランド系につながるような
薄暗さをそこはかとなく感じる叙情的なメロディもなかなか心地いい。
かといってKATATONIA程灰色的な世界観でもない。

なので通して聴いた感想だと
想像以上に聴きやすく、
なかなか面白く魅力的なサウンドであることに
気づかされるのだった。


01.Simple as That
02.Alone at Sea
03.Don't Tell Me
04.Magnolia
05.Seasons Past
06.Coming Home
07.The One You Left To Die
08.Breathe
09.From Me
10.Sense of Fear
11.A Loneliness
12.Bond





                         
                                  
        

PINEAPPLE THIEF/Your Wilderness

category - イギリス
2016/ 09/ 07
                 
Your Wilderness
Your Wilderness
posted with amazlet at 16.08.19
Pineapple Thief
Kscope (2016-08-12)
売り上げランキング: 5,768



イギリスのプログレバンドの新作。
ちゃんと聴いてはいないので断言できないが
確かオルタナっぽいような音を出していたので
あまり好きじゃないなぁという感じだったような
気がするんだが。

そんなこんなでもとりあえず聴いてみた。
そのオルタナっぽい部分は部分的にはあるが
それがメインというわけでもないので一安心といった感じ。
まぁ以前のを試しに聴いてみたら、
んなほど騒ぐほどのものではないというか…


続きはこちらから



                         
                                  
        

NATIVE CONSTRUCT/Quiet World

category - 南北アメリカ
2016/ 08/ 03
                 
Quiet World
Quiet World
posted with amazlet at 16.07.30
Native Construct
Metal Blade (2015-04-21)
売り上げランキング: 105,598



アメリカのプログレバンド。
このバンド(プロジェクト?)もHAKENに似たような
メタルまではいかないような音なのでメタルとは断言はできないので
まぁプログレロックバンドと書いた方がいいのか?
オルゴールか宝石箱を開けているジャケットがなんとも美しく
それだけで気になって聴いてみる。
なんでもバークレー音楽学校に通っている3人組が
始めたプロジェクトらしい。


続きはこちらから