THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

COFFEINNE/Circle of Time

Circle Of Time
Circle Of Time
posted with amazlet at 17.01.14
COFFEINNE
Bickee Music (2017-02-22)
売り上げランキング: 32,963



スペインのメロパワバンド。
ノリノリのキャッチーな#1が想像以上に良かったので
思わず聴き入ってしまったという…。
なんか聴き覚えのあるようなシンガーかと思ったが
個人的には全然知らん人やった。
何でもAIRLESSというバンドにいた人だったらしい。
ジャケットだけを見るとプログレッシヴメタルのようだが
中身はそんな難解な要素は皆無で
耳を惹きつけるキャッチーな歌メロを
前面に出してモダンな要素を加えた
メロディックメタルといったところだろうか?


続きはこちらから




[ 2017/01/19 ] | スペイン・ポルトガル

DARK MOOR/Ars Musica

アルス・ムジカ
アルス・ムジカ
posted with amazlet at 13.09.07
ダーク・ムーア
マーキー・インコーポレイティド (2013-06-19)
売り上げランキング: 91,756




スペインのエピックメタルバンドで9作目らしい。
一時に比べれば良くなった、良くなったと評価は上がってきてい入るが
実際自分が聴いてみるとエリサがいたころに比べて遥に劣っていて
正直今作も、期待なぞ全くしていなかったが。


続きはこちらから



[ 2013/09/08 ] | スペイン・ポルトガル

VHALDEMAR/I Made My Own

I MADE MY OWN HELL
I MADE MY OWN HELL
posted with amazlet at 13.01.23
ヴァルデマール
キングレコード (2003-12-03)
売り上げランキング: 530,200



スペインのメロパワバンドの2枚目。

イングヴェイ直系のネオクラシカルなギターがやたら弾きまくりで
カイ・ハンセンを下品にしたようなVoが歌う(がなる?)スタイルで話題。
前作は知らないんだけど今作も#1こそはそのスタイルを継承し、
おまけにクサメロを伴った疾走曲でくるので
自分を含めこの手の曲が好きな人にとっては、
否が応でも聴く人の気持ちを高ぶらせてくれるのだが、

それ以降は#1のようなクサメロ疾走曲ばかりではなく、
フツーのメロパワといった感じの曲があったり、
80年代的な正統派的なメタル曲や、
スローテンポな曲もあったり、様々な引き出しがあるのをアピールしているものの、
#1で否が応でも感じた高揚感が持続しなくなるのも確か。
また、#1のような勢いで押すような曲ならまだしも
そうでない曲ではこのダミVoは説得力に欠けてしまう。

もちろん間に入るソロ部分にはグッとくるんだけど、
今一つのめり込めなかったのは確かだ。


1. I Made My Own Hell
2. Breaking All The Rules
3. No Return
4. Steam-Roller
5 .Old King's Visions (Part II)
6. Mystery
7. House of War
8. Moonlight
9. Dreamer
10. Death Comes Tonight
11. I Will Rise My Fist
12. March of Dooms
13. Gorgar (Bonus)

[ 2013/01/25 ] | スペイン・ポルトガル

PHOENIX RISING/MMXII

MMXII
MMXII
posted with amazlet at 12.07.29
フェニックス・ライジング
HYDRANT MUSIC (2012-07-11)
売り上げランキング: 8783



スペインのKey入りのバンドで、Quinta enmiendaを改名したらしい。
まぁこの手のバンドのお約束といった感じのオーケストレーションと
クワイアを使った壮大なインスト#1から始まるわけだけど。

#2以降はそのクワイアやオーケストレーションを要所要所で使用した
派手なシンフォニックなパワーメタルをやられている。
が、あまり多用していないのがなんか気になるんだが…?
もっと派手にやっても良かったんじゃねと思ったり。
Voは母国語Verと英語Verがあるんだけど、どちらにしても
このVoがイモ臭くて音程もあやふやな部分もあり、
それなりにカッコイイ音楽のレヴェルを下げているのは確かでちょっと残念。
ギターソロもどことなく荒っぽいし(keyの方は上手くもっとソロをやってほしかった)、
B級感がそこかしこに感じる
(時折ネオクラフレーズが出てきてそれはそれでにんまりなんだけど)。

ネットではこの系統のファンの人にはクサメロが炸裂していると書かれて
メロディに関しては絶賛されているものの個人的にはそない面白くなかったし
(今一つ印象に残るメロディがなかった)、
それなりにドラマティックな展開を見せるものの、
まだまだ満足感はたりないと言ったところ。
曲は疾走やアップテンポの曲が多くて楽に聴き流せるけどさ。

Keyを使ったり、フィドルを使用したり、
いろいろとやられて入るけど、派手なオーケストレーションやクワイアを
もっと多用しても良かったような気がする。
特にこのクソVoをカモフラさせる意味でもクワイアの多用は必要然だったと思う。

大曲の#10がよかったのは以外にも意外だった。
これだけでも聴く価値はあるかも。


01. Tenebris Revelantur
02. Agoraphobia
03. The Chosen One
04. Last Eternal Night
05. Fury And Rage
06. My Love Still Remains
07. Abaddon
08. Exodo
09. Lost Souls
10. Nova Era

[ 2012/07/30 ] | スペイン・ポルトガル

AVALANCH/Muerte Y Vida

Muerte Y Vida
Muerte Y Vida
posted with amazlet at 13.09.11
Avalanch
Santo Grial (2007-12-03)
売り上げランキング: 350,032




スペインのメロパワバンド。6枚目。
未だに母国語にこだわって活動している。
正直10年前に聴いた事があるが
自分が聴いたこのバンドはそのスペイン独特のクサさもなく
今一つ面白い内容ではなかった。

んでコレは07年作らしいのだが
音は10年前位にあったメロスピブームになったころよりも
はるかに洗練されており、
あか抜けて入るものの、ダークな世界観に
ヘヴィなギターをはじめとしたモダンな部分もあったり。

#1から余り疾走一辺倒でもなければ、
メロディに関しても突き抜けるようなものはなく、
なんか今一つ感は否めない。
それ以降も#10をのぞき、ミドルテンポを主体とした
Keyによるシンフォニックな部分もある、
いいのか悪いのか中途半端なメロディの
サウンドが続く(時折オッと思うようなメロディがあるのだが
長く続かないといった感じ)。
演奏陣に関しては問題ないし、
Voに関してもさして問題ないだろう。
とにかく疾走を控えたテンポと中途半端なメロディが
聴く人の集中力を削いでいるというのは事実だろう。

時折、デスVoみたいなスクリームが入ったり
若干のプログレアプローチが入ったりもして
正直それは必要なん?といった感じだろうか?



1.Ángel of the muerte
2.Muerto en Vida
3.Pies de Barro
4.Hoy Te He Vuelto a Recordar
5.Aprendiendo a Perder
6.Otra vida
7.Caminar Sobre el Agua
8.Quién soy
9.Sombra y Ceniza
10.La Prisión de Marfil
11.Bajo las Flores

[ 2012/05/29 ] | スペイン・ポルトガル

ANGELDARK/Angelique

Angelique
Angelique
posted with amazlet at 13.10.10
Angeldark
CD Baby.Com/Indys (2008-11-11)
売り上げランキング: 674,625




スペインのシンフォニックメタルバンド。
ジャケだけ見たら完全なゴシックメタルだが(自分だけ?)。
確かに#1のようなシアトリカルなインストが流れるとそれ系かなと思ってしまうが、
#2になると突然アグレッシヴな疾走曲が始まって予想を裏切ってくれる。
DIVERCIAにも通じるようなゴシック系によくあるタイプの
ナルっぽい男性Voをメインに時にはフツーのVoやソプラノ系の女性VoやデスVoも挟んだりもする。

ピアノの入り方とかはゴシック的で耽美なメロディを聴かせてくれ、
そうかと思えば、ブラストやデスVoが出てくるとメロデスぽかったり、
今風のピコピコした電子音を入れたりして、インダストリアル的な面も見せたり、モダンでもあったり…etc、
一応シンフォニックメタルバンドなんだけんど、
1つのジャンルにはとらわれないサウンドをやられているというのか?

結構このアルバムの評価は高く、確かにメンバーの演奏力は高いし、
それなりのメロディもあることはあるのだが、
クサいメロディではないのか、叙情的なメロディもそれほどなく、
個人的には今一つ引っ掛かりの少ない感じがした。軽めの音質も残念要素の一つ。

やっていることはなかなか面白いし、スペインらしさを感じないのも面白いね。



1. Libera Me - Overture for Choir and Orchestra in E-Minor
2. Wolf
3. The Night Song
4. Saint-Germain (The Man Who Killed Death) Part I
5. Saint-Germain (The Man Who Killed Death) Part II
6. Rain
7. Wanderer
8. In My Dreams
9. Venom X
10. The Mastery of Pain
11. Follow the Chain
12. Seven Candle Circle
13. Under the Cathedral
14. In Darkness (Rmx)

[ 2011/09/17 ] | スペイン・ポルトガル

DARK MOOR/The Gates of Oblivion

ゲイツ・オブ・オブリヴィオン
ダーク・ムーア
ビクターエンタテインメント (2011-11-02)
売り上げランキング: 74,529




彼らの黄金期だった(分裂前の)時のアルバム。3rdアルバムになるのか?
前作が傑作だったわけだが、誰もがそれ以上のものを求めたのも事実だ。
若干こもり気味(のように感じたのは自分だけ?)な音質は
完全になくなりクリアになり演奏力も心なしかアップしている。
今作はのっけから疾走曲で始まる。
この曲は去年の「細かすぎて伝わらない紅白~」のイントロに使われていた。
それはどうでもいいとして、
今作も前作の流れを受けたクサいメロディを交えたメロパワになっており、
ファンとしてはひと安心だろう。

ただ、なんか今作…、捨て曲がボートラの大曲だった前作に比べると
悪くは決してないんだが、何か面白みを感じない。
#1や#8のような曲が強すぎるのか他の曲がいまいちに思えてくる。
リピート再生する曲も上記の2曲だけというのはあまりにも悲しい。

ということで、このアルバムは個人的にはいまいちでした。
決して悪いアルバムではないと思うのだが、
キラーチューンがキラーすぎたのか他の曲を食ってしまっているみたいなことと
前作がよかっただけに期待が大きすぎたのかのめり込むことができませんでした。



1. In The Heart of Stone
2. A New World
3. The Gates of Oblivion
4. Nevermore
5. Starsmaker (Elbereth)
6. Mist In The Twilight
7. By The Strange Path of Destiny
8. The Night of The Age
9. Your Symphony
10. The Citadel of The Light
11. A Truth For Me
12. Dies Irae (Amadeus)

[ 2011/09/11 ] | スペイン・ポルトガル

ORATORY/Illusion Dimensions

Illusion Dimensions
Illusion Dimensions
posted with amazlet at 13.10.10
Oratory
Import [Generic] (2001-04-17)
売り上げランキング: 473,408



ポルトガルのメロスピバンドのデビューアルバム。
当時はBEHOLDERみたく男女Voが掛け合いで歌っていた。
しかもBEHOLDER同様男性Voはヘタなのも一緒(こっちの方がはるかにヒドイが)。
演奏もなんかあか抜けず今一な感じです。Keyは次作同様キラキラしていたりもする。
インストの#1明けの#2にキレの良い疾走曲を持ってこないで
やる気があるのか問われそうないい加減なミドルテンポ(途中で疾走はするが)の曲を
持ってきた地点でOUTでしょう。その後もそういう感じの曲が多くて聴き通すのに疲れる。
掛け合いな割にはこの下手な男性Voの比率が多いのもマイナスアクション。

特にこの時は次作にあるようなクサいメロディもほとんど見当たらず(というか埋もれている?)だが
#4なんかは結構好きだったりする(イマサンだけどギターとKeyのソロバトルもあったりもする)。
音質と男性Voも手伝って全体的にもっさりしたこの生ぬるさが支配していてこの地点では
20点台の点数をつけられたのも理解できるし、
よほどのマニアじゃないと手を出せないレヴェルだろう…。



1. Illusion Dimensions
2. With Glory And Melody
3. Fight For The Light
4. Kingdom's Legacy
5. Metal Messenger
6. In The Sky
7. Last Prophecy
8. Life In Another Star
9. Rising Land
10.Choose Your Future
11.World Of Illusion
12.Galaxy

[ 2011/04/30 ] | スペイン・ポルトガル

ORATORY/Beyond Earth

ビヨンド・アース
ビヨンド・アース
posted with amazlet at 13.10.10
オラトリー
ビクターエンタテインメント (2003-12-03)
売り上げランキング: 140,606




ポルトガル産のメロスピバンド。
ライナーのドラマーがニヒルな顔の写真がムカつくとかそういうのは置いといて…。
前作はBURRN!誌のレビューでクソミソに叩かれたらしいが(20点台だったらしいわ)、
前作は男女Voの掛け合いだったらしいが
そのヘッタクソだった男性Voが脱退して女性Voをメインに変えての2枚目。

のっけからクサメロ全開の疾走曲です。
音質があまり良くないのが残念(軽い感じ)ですが。

#1以外にもクサメロ、キャッチーでわかりやすいメロディ満載で決して飽きが来ません。
#3のコーラスは(英語さえわかればの話だがw)
思わず野郎コーラスと共に合唱したくなるほどテンションが上がってしまう。
ただ、後ろで雰囲気を出すだけで無くきらびやかだったり、
時にはクサメロをかますKeyの役割も何気にいい仕事をしている。
女性Voは力強さや表情があまりなく決して上手くはないがなんとなくFORGOTTEN TALESのVoにも似ている。

ただ、ギターソロに関してはせっかくの曲をぶち壊すほど
ただ、コッ速く弾くだけで(下手なのをごまかしている?)これはマイナスアクションだ。
RING OF FIREの1stに参加したジョージ・ベラスにも似ている(があっちの方が上手いが…)。
#7の出だしってTAKARAの3枚目の1曲目とそっくりな気がするんだが…。
ラストのシークレット曲はBANGLESのEternal Flameのカヴァー。コレもなかなか悪くない。

めでたいことにこのアルバムは輸入盤の評価が高かったためか
日本盤が出たのであった…しかもスンゲー遅くにリリースされたんだが…。

今も活動をしているとかしていないとか消息は不明…。
とにかくメロスピ、クサいメロディが好きな人は必聴の1枚。

1.Beyond Earth
2. Living Wisdom
3. Your Glory Wont Last of Ever
4. Eternal
5. Heroes From the Past
6. Concilium
7. Old Mans Prophecy
8. Song of Lust
9. Victory of Light
10. Story of All Times
11.A New Quest

リリース元によって曲順(とシークレット曲)が違っているみたいなので注意。

[ 2011/04/17 ] | スペイン・ポルトガル

EVERNIGHT/Desafío a la eternidad

スペインのメロパワバンド。
歌詞は母国語。
key入りで疾走したりしなかったり
緩急をつけたりして、一辺倒な曲展開にはさせていない。
Keyの奏でるクサメロがなかなか美味しいが、あまり登場するシーンが無く、
あまり曲に面白み、魅力は無かったのは残念でならない…。
もう少し派手にクサメロをかました方がよかったと思うんだが…。
Voはこの手にありがちで不安定な歌唱とヘナチョコなハイトーンな上、
まだまだ演奏陣にはあか抜けないところがあって精進してもらいたい。

よほどの好きものじゃないと、手を出しづらいような厳しい作品だが
(#3と#6はよかった。こういう曲をもっとやってもらいたいものだ)、
10年くらい前だったらその筋のマニアの間だけだが絶賛されていたような
良き(?)B級メタルバンドの登場である。


1.Abismo de los gritos
2.Tributo a tus ideas
3.Dulce traición
4.Sobrevivir
5.Tu guía
6.Senderos de libertad
7.Siniestra dama
8.Tan sólo un recuerdo...
9.El mar de la esperanza
10.Un poema triste (Sin ti)
11.Último adiós
12.Jugando a ser dioses
13.Desafío a la eternidad
14.Purgatorio

[ 2011/04/14 ] | スペイン・ポルトガル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

NORTHERN HELL SONG

PANTHEON -PART 1-(初回限定盤)

THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)

リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)

【Amazon.co.jp限定】Unlimited Diffusion(CD+DVD 限定盤)

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサ

カテゴリ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR