THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

UNLEASHED/Midvinterblot

Midvinterblot
Midvinterblot
posted with amazlet at 15.08.11
Unleashed
Steamhammer Us (2006-10-10)
売り上げランキング: 472,345



スウェーデンのブラックメタルバンド。
ジャケを見るとブラスト疾走一辺倒のありがちなブラックメタルだと思った。
で、当然のっけから飛び出すのはブラスト疾走なのだが、
面白いのはこのバンド、その後は
疾走するもののブラスト疾走ではなく
スラッシュビートをメインとして疾走して
どちらかというとデスラッシュメタルに近い…、
というよりも明らかにそれをやっている。

ブラックメタルにしてはわめき系のスクリームではなく
デスメタル系のデスVoを使用し、
テクニカルなギターソロやツインリードによるギターのメロディが
なかなかおいしかったりと意外なことをやってのけてくる。



01.Blood Of Lies
02.This Is Our World Now
03.We Must Join With Him
04.Midvinterblot
05.In Victory Or Defeat
06.Triumph Of Genocide
07.The Avenger
08.Salvation For Mankind
09.Psycho Killer
10The Witch
11.I Have Sworn Allegiance
12.Age Of The Warrior
13.New Dawn Rising
14.Loyalty And Pride
15.Valhalla Awaits


[ 2015/08/11 ] | スラッシュメタル/デスラッシュメタル

VADER/Tibi Et Igni

Tibi Et Igni -Digi-
Tibi Et Igni -Digi-
posted with amazlet at 14.06.07
Vader
Nuclear Blast Americ (2014-05-29)
売り上げランキング: 3,038




ポーランドのヴェテランデスラッシュメタルバンドの新作。
ジャケットはいかにもデスメタルらしくていい。

非常に壮大なオーケストレーションによる
怪しく禍々しいイントロからスタートする。
いきなりブラスト疾走でなだれ込まずに
こういう演出で始まるのも悪くはない。
こういうオーケストレーションを導入するのは何もファーストトラックだけでなく
数曲あって他にも曲の途中でSEをいれたりと
ギター一辺倒だったサウンドをより効果的に
壮大なスケール感のあるドラマティックな展開に演出している。

怪しいイントロが終わると、彼ららしい
いかにもなデスラッシュサウンドが全編にわたって展開される。
スラッシュビートとブラストを巧みに使い分けてひたすら疾走する。
以前に比べるとブラストの出番が減り
スラッシュビート他を主体としているのが特徴か?

今作は前作よりもデスVoが完全なデスVoになりきってない部分が気になるものの
(というか意識的にデスVo一辺倒じゃなくしている?)
その辺がどことなくDe Profundisを彷彿とさせるが
(あそこまでデスになりきれてなくはない)…、
キレのいい演奏陣がそれをカバーしている。
有無を言わせない完成度の高さだ。
要所で入ってくるツインソロギターもそつなくこなしている。

曲によってはどことなくポップな印象を受けたのだが、
まぁ確かそういう曲は前作にもあったような気もする…。

他の曲もメロディックな部分があったりもするし、
どこか実験的なアプローチを試みているのかもしれない?
いつものブルータル一辺倒を求めている人にとっては
ちょっと肩透かしを食らう可能性もなくはないかも…。


01. Go To Hell
02. Where Angels Weep
03. Armada On Fire
04. Triumph Of Death
05. Hexenkessel
06. Abandon All Hope
07. Worms Of Eden
08. The Eye Of The Abyss
09. Light Reaper
10. The End
11. Necropolis
12. Des Satans Neue Kleider

[ 2014/06/07 ] | スラッシュメタル/デスラッシュメタル

RAVENWOODS/Enfeebling the Throne

Enfeebling the Throne
Enfeebling the Throne
posted with amazlet at 14.02.16
Ravenwoods
Aural Music (2011-04-01)
売り上げランキング: 415,563




トルコのデスラッシュメタルバンド。
トルコと言うお国柄でこういう音楽をやられることが珍しい。
らしくない音楽性はジャケットにも表れていて非常にカッコいい。

お約束ともいえる不穏なイントロから始まり、
ブラスト疾走でなだれ込むというパターンである。
もちろん、お世辞ではなくクオリティもかなり高く、
ブラスト疾走一辺倒じゃなく、上手く緩急をつけ、
焦燥感を煽るようなメロディやテクニカルな部分も持ち合わせている。
あまりこの手の曲が流行っていないからということで
敬遠しない方がいい。ファンは必聴モノ。

またこれはトルコというお国柄なのか
それらしいフレーズが登場するというのも憎い演出やわ。
#5や途中なんて女性Voを入れてきたり、
スパニッシュギターを上手く取り入れていて恐れ入る。


1. Zâhir & Bâtin (Intro)
2. Enfeebling The Throne
3. Breathless Solace
4. Ecstasy Through Carnage
5. Torture Palace
6. Upheaven-Subterranean
7. Inward Massacre
8. Stay
9. The Grey Cold Shade
10. The Fading Trace
11. Azab-I Mukaddes

[ 2014/02/17 ] | スラッシュメタル/デスラッシュメタル

DEICIDE/In the Minds of Evil

In the Minds of Evil
In the Minds of Evil
posted with amazlet at 13.12.09
Deicide
Century Media (2013-11-25)
売り上げランキング: 3,139



アメリカのアンチクライストなグレン・ベントン率いるデスメタルバンドの新作。

のっけからブラスト疾走するありがちなパターン化と思いきや、
#1こそはデスVoでありながらもスラッシュメタルっぽくてちょっと肩透かし。
それでも#2以降は彼ららしいブラストを適度に混ぜ、
禍々しいメロディが若干あって要所で登場する流麗でメロディアスなギターソロが
曲、ベントン先生の世界観を盛りたてる様は今作も全く変わっていない。

ただ、Serpents of the Lightに比べると(つかそれしか聴いていないので
最近の彼らのサウンドをよく知らんのだけど)
普遍なスラッシュメタル色を強めており、もちろんブラスト疾走をするものの
このバンドはブルータルデスというよりはデスラッシュメタルに近い音楽性かもしれない?
完成度は高いし、デスメタルファンだけでなく
スラッシュメタルファンにも充分にアプローチしうる内容なのだが、
Serpents of the Lightを気に入っている小生にとってはちょい物足りなさを感じたのも事実。
ただ中盤以降はそれなりにブラスト疾走を織り交ぜながらも疾走するが
それでもどの曲も緩急を織り交ぜて疾走一辺倒ではなくなっているという感じ。
ラスト2曲は結構メロディアスでちょっと驚いた。





01. In the Minds of Evil
02. Thou Begone
03. Godkill
04. Beyond Salvation
05. Misery of One
06. Between the Flesh and the Void
07. Even the Gods Can Bleed
08. Trample the Cross
09. Fallen to Silence
10. Kill the Light of Christ
11. End the Wrath of God







[ 2013/12/13 ] | スラッシュメタル/デスラッシュメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR