モダンゴシック

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

DELAIN/Human Contradiction

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2014/ 05/ 12
                 
Human Contradiction -Ltd-
Human Contradiction -Ltd-
posted with amazlet at 14.05.12
Delain
Napalm (2014-04-03)
売り上げランキング: 4,682




オランダのモダンゴシックメタルバンドの4枚目。
前々作が若干最近のEVANESENCEを意識した
WITHIN TEMPTATIONから離れた作品だったにもかかわらず
前作はまたそっち方面に回帰してガッカリした小生なので
今作も全く期待してかなったが…。

ピアノとつややかな女性Voによるバラードのような部分がしばらく歌った後
ヘヴィなギターと横ノリのリズムで前作よりも
さらに攻撃的なサウンドになったみたいな?
相変わらずこういう音楽性が好きな人以外の人には受け付けないみたいな。

特に#1でこういう音楽で来られるとつかみも悪い。
その後はそういうEVA色をちらつかせながらヘヴィなギターを中心に
それなりにオーケストレーションやら野郎&デスVoも入れながらも
ダークな部分を混ぜながらも
キャッチーなメロディもそれなりにあったりして
彼らなりの世界観というものが展開される。
女性Voの歌メロの素晴らしさは個人的にも素晴らしい。
まぁ支持される理由は女性Voの歌メロを含め、
そのメロディの質の高さなんだろうけど。

サビの部分ではノリノリの#3や
EVA色が無いに等しい曲は好きなんだけど。
当然そういう曲ばかりがあるわけではないし、
残念ながら2ndのようなリピートしたくなるような曲も見当たらない。
#11はなぜかテクノ…。

#12~#16はライヴヴァージョンとなっている。
お客さんが結構盛り上がっているなぁという印象で
非常にやりやすい環境だったのではないかと。
やっぱり#13は名曲ですな。
#17、#18はオーケストラヴァージョン。


01.Here Come the Vultures
02.Your Body Is a Battleground
03.Stardust
04.My Masquerade
05.Tell Me, Mechanist
06.Sing to Me
07.Army of Dolls
08.Lullaby
09.The Tragedy of the Commons
10.Scarlet
11.Don't Let Go
12.My Masquerade
13.April Rain
14.Go Away
15.Sever
16.Stay Forever
17.Sing to Me
18.Your Body Is a Battleground



            
スポンサーサイト
            
                                  
        

LACUNA COIL/Broken Crown Halo

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2014/ 04/ 15
                 
Broken Crown Halo (Deluxe Edition)
Lacuna Coil
Century Media (2014-04-01)
売り上げランキング: 3,130



イタリアのモダンゴシックメタル。
やっていることは特に変化なく、EVANESENCEフォロワーなサウンドで、
打ち込みシンセ怪しいメロディから図太いヘヴィなギターが入ってくるのは
予想通り。モダンなシンセとヘヴィなギターが特徴のサウンドで
女性Voとデス風味の野郎Voが入るというのも変わらず。

それでも#1はファーストトラックだからかかなりキャッチーなメロで
つかみはオッケーと言ったところか?
それ以降はこのオルタナっぽいリズムを基本としながらも
アップテンポあったり、
やたら野郎Voが頑張っちゃったりしている曲もある。
野郎の方は歌うというよりもラップ調で叫ぶといった感じ
(曲によってはゴシックメタルっぽく歌う部分もあるっちゃあるが…)、
これが好き嫌い凄く分かれると思う。
展開はかなり分かりやすく、
ラスト以外曲自体もコンパクトに抑えられているのは好印象
(ラストは無駄に長いだけ)。

こないだ紹介したELYSIONも似たような傾向だが
あっちの方がこれを聴きやすくしたものかもしれない。
まぁこっちもそれだけで終わるようなサウンドではないんだが、
いかんせん小生がこういう方向性が好きでない事もあって
なんか似たようなことばっかやって
ヘヴィロックという殻の中から抜け出せないでいるなぁという印象でしかなのも確か。
#6のようなのは結構好きな曲だ。あまりEVA色が無いからだろう。

未だにこういうのがアメリカでは受けてんのかね?
そんなアメリカの市場ばかり気にしながら
その手のサウンドにばかり力入れている
(&握手券だろうがなんだろうが売れりゃなんでもありみたいな)日本の音楽事情って…。



1. Nothing Stands In Our Way
2. Zombies
3. Hostage To The Light
4. Victims
5. Die & Rise
6. I Forgive (But I Won't Forget Your Name)
7. Cybersleep
8. Infection
9. I Burn In You
10. In The End I Feel Alive
11. One Cold Day

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。