ザビエルレコード

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

THE MORRIGAN/Wreckers

category - イギリス
2017/ 06/ 11
                 
イギリスのプログレバンドの1996年作で
これが何枚目になるのかは不明。
笛の音色から始まりドラムなり、フォーク・トラッド系によくある
民族楽器が入ってきて徐々に盛り上がっていくインスト
(しかしギターの音とか音量とか96年作
とは思えない程異様に古臭いのが気になる)
からスタートする。

ただのフォーク・トラッドバンドではないのが
このバンドで、そういう民族楽器による心地いい
音色を奏でながらもしっかりとひねくれたリズムを展開し
きちんとプログレをしているわけだ。

#1こそはインストだったがその後は
やや年配っぽい女性Voが(#8に関しては男性も歌うが…)
時には力強く歌い上げたり表情豊かに歌い上げる。

またシンセが登場するとシンフォニックさが増し、
そのシンセの使い方次第で
ある種の神秘的な要素も感じたりもする。
全体的にフォークやトラッド的なサウンドでありながらも
ネットで書かれているように中世的な要素もそこかしこにあり
そこにさらにプログレ的な要素が入っているという感じか。

曲によってはザビエルレコードに売られているような
ネオフォーク的な曲もあったりと
まぁいろいろな要素が詰まってて
(中には余計なものもあったりするのだが…)
なかなか興味深いサウンドに仕上がっていて
音が古臭いのが逆に魅力を増しているのかもしれない?
でも最後まで聴いて個人的には
フォーク/トラッド色が強いサウンドが
一番好きだということが分かるのだった。



01.The Miller's Dance
02.Yarrow
03.The Wreckers
04.Banks Of Green Willow
05.Cold Haily Windy Night / Drowsy Maggie
06.The Agincourt Carol / La Rotta
07.Cold Blows The Wind
08.Wheels Turning
09.When The Rain Comes Down
10.Dark Girl Dressed In Blue / The Doubting Page


Wreckers
Wreckers
posted with amazlet at 17.06.08
Morrigan Music (2011-11-16)




            
スポンサーサイト
            
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。