アンビエント

        

CANAAN/A Calling To Weakness

category - ゴシック/アンビエント
2017/ 04/ 14
                 
A Calling to Weakness
A Calling to Weakness
posted with amazlet at 17.04.13
Canaan
Eibon Rec
売り上げランキング: 1,353,643



イタリアのゴシック色の強いアートロックの4th。
正直アートロックというキーワードを初めて目にしたので
それが何なのかは個人的にはよくわからないのだが。
という事はともかくとして…聴いてみた。

雨の降るイントロから始まり
もの悲しげなメロディと退廃的に歌い上げるVoが入り、
ある種幻想的な雰囲気に時にはプログレがかった
(…というのかオルタナ的な横乗りという方がいいのか)ドラムや
メランコリックなメロディを奏でるクリーンなギターが入り、
アンビエントによくありがちな似たようなリズムをひたすら繰り返しながら
沈み込むような暗い世界観を作り上げるような感じか?


続きはこちらから





                         
                                  
        

SCREAM SILENCE/Saviourine

category - メランコリックロック
2017/ 01/ 24
                 
Savourine
Savourine
posted with amazlet at 16.12.27
Scream Silence
Plainsong



ドイツのゴシックメタルバンド。
前作が眠かった印象が強くてガッカリさせられたものだが
懲りもせず次作であるこのアルバムも聴いてみる。
相変わらずドラムが軽く、ギターが奥に引っ込んだ丸い音で
メタルとアンビエントの中間のようなロックサウンドで
シンセとかそっち系を前面に出したある種小洒落で
ピロピロシンセを始めエレクトロ色が強く
ナルちっくでマイルドなVoは相変わらず。


続きはこちらから


                         
                                  
        

AYTHIS/The Illusion And The Twin

category - ゴシック/アンビエント
2016/ 09/ 01
                 
フランスの雰囲気もののゴシック/アンビエントプロジェクト。
3枚目になるわけだが、元々このプロジェクトの女性は
フューネラルドゥームメタルバンドLETHIAN DREAMSとかに在籍していたのだとか。

やっている事はフューネラルドゥームメタルから
メタル色を排除した暗黒なサウンドでそれは過去2作も同じ。
分厚いシンセを駆使したオーケストレーションに
寂しげなピアノ、時にはパーカッションやドラムを使用し
低血圧なVoが乗っかる暗くてある種の絶望的な音楽をやっております。
メタルほど激しさもなくシンセを前面に出しているからか
どことなく幻想的…悪夢に誘われているそんな感じだろうか?
この音楽性は同郷のARTESIAやDARK SANCTUARYにも良く似ている。

ジャケットだけ見ると北欧にありがちなサウンドのようにも見えるが
そのジャケットの通り寒々しさをビシビシと感じる
(そういうSEを効果的に使うのも高ポイントだろう)様な内容になっている。
このサウンドの特徴でもある、似たようなフレーズが繰り返し続き
メリハリ感に欠けるのは否めないが、
メタルやデスVoがダメだけど暗くて悲しい音楽が好きだという人は
聴いてみる価値は大いにある。



01. Without A Name
02. In The Sleep Of Haze
03. Inertia
04. The Other
05. The Ground Is Burning
06. Break It
07. Dissolve Me
08. Night
09. A Solace of Violence
10. A Pristine Lie, A Pristine Light
11. Cendres et glace