Recent Post

        

ENSIFERUM/Two Paths

category - フォーク・トラッドメタル
2017/ 10/ 09
                 



フィンランドのフォークメタルバンドの7枚目。
最近はアコーディオン奏者が加入したとか。
確か久々に見たBURRN!のレビューも結構高かった
(なんだかどのアルバムも80点以上が多くて
この雑誌もファミ通のようになってしまったのか?)
お約束ともいえる(?)壮大で仰々しいインスト#1の後は
これもお約束ともいえるような疾走曲の#2なわけだが
フォーキーなメロディにオーケストレーションや
クワイアを加えてシンフォニックなサウンドに仕上げた
この手の好きな人にとっては満足のいくサウンドである。
どことなくエピック色も感じられる。



続きはこちらから





                         
                                  
        

VEILED IN SCARLET/Lament

category - メロディックデスメタル
2017/ 10/ 01
                 
Lament (ラメント)
Lament (ラメント)
posted with amazlet at 17.10.01
Veiled in Scarlet (ヴェールド・イン・スカーレット)
Walkure Records (2016-12-21)
売り上げランキング: 84,314



日本のメロデスバンドのミニ。
2ndフルはとにかく俳優出身のVoの説得力に欠けた
しゃがれVoにげんなりさせられてしまったのだが
そのVoは脱退したこともあり、
新加入(というかゲストなのか?)のVoには
ある種の不安要素を感じたのだが…。


続きはこちらから




                         
                                  
        

SEPTICFLESH/Codex Omega

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2017/ 09/ 16
                 
セプティックフレッシュ『コデックス・オメガ』【初回限定盤CD+ボーナスCD(日本語解説書封入/歌詞対訳付)】
セプティックフレッシュ
ワードレコーズ (2017-08-30)
売り上げランキング: 24,523




ギリシャのシンフォニックブラックメタルバンド。
前作はやっていることが正直
スウェーデンのDIMMU BORGIRとどう違うの?
と言われるくらいに派手なオーケストレーションを多用した
シンフォニックブラックメタルをやられてた
(とはいっても個人的な感想では本家の
DIMMU BORGIR/Abrahadabraよりも
メロデックさは薄めだった)のだが
そんなこんなで2017年作の今作も
やっていることは前作の流れを引き継いだもので
前作を軽く上回ったような作品に仕上がっている。



続きはこちらから






                         
                                  
        

PARADISE LOST/Medusa

category - ゴシックメタル
2017/ 09/ 10
                 



イギリスのゴシックドゥームメタルの新作。
前作で完全に原点回帰のようなの音に
驚かされたのだが、
今作はそれを受けてどうなるか気になっていた。

出てきた音はなんてことはなく、
スローテンポで重く、へヴィでドゥーミーなサウンドに
デスVo(要所でクリーンなコーラスが入る)や
お経のような表情のないVoが乗っかるという
決して期待を裏切らない前作の延長線上の
サウンドに徹していたというオチだった。
ただ、どことなくストーナーロック的な趣も感じなくもないか?
アップテンポな部分などはそういう雰囲気だったし、
それ的なグルーヴィな部分もある。
そこに怪しげなギターのメロディが入り、
禍々しい世界観が展開される。

決してシンセやオーケストレーションを安易に入れたり
女性Voに頼ったりして一種のコマーシャル的な要素を入れて
(まぁそれが独特な世界観を演出してそれはそれでいいんだけど)
ある種の聴きやすさやとっつきやすさがあるのだが
もちろん一時はそういう要素もこのバンドにはあったのだが、
そういうのを極力取っ払っている
(ピアノを効果的に使っているくらいか?)
ところに本気度かつ、
ゴシックメタルとはなんぞやという答えを音で表現している。
決してキャッチーなメロディが好きな人には
受け入れられにくい音(←もちろんほめ言葉)であることは確かだ。



01.Fearless Sky
02.Gods Of Ancient
03.From The Gallows
04.The Longest Winter
05.Medusa
06.No Passage For The Dead
07.Blood & Chaos
08.Until The Grave
09.Frozen Illusion
10.Shrines
11.Symbolic Virtue



                         
                                  
        

LACRIMOSA/Testimonium

category - ゴシックメタル
2017/ 09/ 03
                 
Testimonium
Testimonium
posted with amazlet at 17.09.02
Lacrimosa
Hall of Sermon (2017-09-22)
売り上げランキング: 165,699




今作も奇数の年にリリースされている
(一度だけそれを破ったことがあるが…)。
スイスのシンフォニックゴシックメタルユニットの
いつの間にかな新作。
どうせ日本盤はまたベルアンティークですか?
知りませんが…。
ジャケットはいつものように白黒だが
恒例のピエロが今作は描かれていない(どこかにいるのだろうか?)
初め歓声とかが入るのでライブ作品かと思ったが
どうも違うっぽい。悲しいメロディの曲を
いつものように派手なオーケストレーションのバッキングにより
さらに説得力を加えている。
今作はコンセプトアルバムのようで
4つのステージ(ACTと表記されている)で構成されているようだ。




続きはこちらから


                         
                                  
        

VIPER/All My Life

category - 北米・南米・豪州
2017/ 07/ 14
                 
オール・マイ・ライフ
ヴァイパー
マーキー・インコーポレイティド (2008-05-21)
売り上げランキング: 451,891



ブラジルのメタルバンドの2008年作。
André Matosが在籍していたことで
古くからのメタルファンからの知名度は抜群だが
新しいファンはおそらく知られていないだろう。
まぁそんな感じのバンドで。

もともとハードコアスラッシュ的な要素の強いバンドで
たまたまTheater Of Fateだけがクラシック的な要素を加えた
異端的な内容で日本のファンに受けた…という感じだった
(ハズ)なんだけど…。
Andréがいなくなった後はメインの
ハードコアスラッシュサウンドをひたすらやっていたわけだが…。



                         
                

続きを読む

                 
        

ALDIOUS/Unlimited Diffusion

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 07/ 11
                 
【Amazon.co.jp限定】Unlimited Diffusion(CD+DVD 限定盤)
Aldious
Radiant A (2017-05-10)
売り上げランキング: 9,649




日本のガールズメタルバンドの6作目。
知らない間にそんなにアルバムを出していたのかと。
まぁそれはともかくとしてまず最初に
このDVD付の限定盤のジャケットは
ダサかったFREEDOM CALL以上に
酷いというしかないというか…。
ガキの頃にあったドキドキ学園という
お菓子のおまけにたま~についていた
プリズムシール状にはなってはいるが、
正直通常盤の方がずっといい。

まぁ問題はジャケットの良し悪しじゃなくて
中身なわけなんだけど…。
#1は彼女らしい攻撃的かつサビでは明るいメロディで
元気の出るような疾走曲でつかみはOKといった感じ。
ピコピコ的なシンセの入る横乗り#2もまぁいいでしょう。
手拍子がどことなく西野カナっぽい(曲は全然違うけど)
#3もよく、正統派系の#4、#5も、まぁいいので
まぁジャケットは悪くても
中身は悪くないと印象を持ちたかったのだが…。



続きはこちらから



                         
                                  
        

ENTRAILS/World Inferno

category - ブルータルデスメタル
2017/ 07/ 09
                 
ENTRAILS [12 inch Analog]
ENTRAILS [12 inch Analog]
posted with amazlet at 17.07.03
ENTRAILS
WORLD INFERNO (2017-06-16)
売り上げランキング: 288,274



スウェーデンのデスメタルらしい。
90年代半ばにタイムスリップしたかのような
ジャケットからしてなんとなく想像の出来る
音だったのだが、まさしくその通りの
(自分はちゃんと聴いてはいないので
断言するのは危険なのだが)
おそらく初期のENTOMBEDフォロワーのような
古き良きスウェディッシュデスメタルそのものなのだろう?

音質もどこかそれを想像させるような(?)
軽くてドライという表現がいいのだろうか?
それもどこかタイムスリップ感の一つだろう。
デスVoは(いい意味で品のない感じで)吐き捨てるタイプ。
ブラスト疾走もすることはするが
それは必要最低限に抑え、
スラッシュビートを使いながらも
ロックンロールっぽいノリがメインのサウンドで
初期のENTOMBEDが好きな人にとっては
マストバイアイテムになるのだろうか?

逆にスピード系のデスラッシュとか
ドロドロ系のUS産のブルータルデスとかを
求めている人にとってはひねりのないVoとかを含めて
退屈で面白くないサウンドに映るのかもしれない?

スラッシュビートを多用したスピーディなサウンドが大半だと
一気に聴き流せるんだが…。
中にはそういう曲だけではないのもあり…。
もともとメロディはあってないものなんだけど
より禍々しさを演出するためのメロディは多少あったりする
ただ、#3などは結構露骨にメロディックなところがあり、
それはそれでなかなか面白い。


01. World Inferno
02. Condemned to the Grave
03. Serial Murder (Death Squad)
04. The Soul Collector
05. Dead and Buried
06. Insane Slaughter
07. Into Eternal Fire
08. Suffer
09. The Hour of the Casket
10. The Blood Breed



                         
                                  
        

KARNATAKA/Delicate Flame of Desire

category - イギリス
2017/ 07/ 04
                 
Delicate Flame of Desire
Delicate Flame of Desire
posted with amazlet at 17.07.01
Karnataka
Immramma UK (2003-01-01)
売り上げランキング: 240,546



イギリスのシンフォニックロック、3作目らしい。
派手で壮大なシンセとフルートによるインストから始まる。

幻想的な雰囲気のハープを始め、フルートや
アコギ、パーカッションとかも入るものの
あまりケルティック系の音は抑えて
どちらかというとこのアルバムでは
ネオプログレ的なシンセをはじめとして
テクニカルではないが
非常に耳を惹くメロウなギターワーク、
やさしげな女性Voがそこに乗っかり
サビではコーラスが包み込むといった感じの
明るいメロディに乗せた
繊細かつ品のいい大人のサウンドというべきか…?


続きはこちらから




                         
                                  
        

必殺仕切人 もしもお江戸にピラミッドがあったら

category - 時代劇鑑賞
2017/ 07/ 01
                 
必殺仕切人 DVD-BOX
必殺仕切人 DVD-BOX
posted with amazlet at 17.06.30
キングレコード (2009-10-07)
売り上げランキング: 82,861



非主水シリーズの中では
(個人的には)一番好きでない必殺仕切人。
本来は必殺仕事人に出ていた
中条きよし扮する三味線屋の勇次のスピンオフ番組
(こういう表現でいいのか?)なので
メインで勇次が出ないといけないのだが
いざ蓋を開けてみると、必殺仕舞人-1(←本田博太郎)に
からくり人(←芦屋雁之助)とひしみゆり子に
山本陽一とかいう当時の人気アイドルらしい
謎の若者らがメインで新吉(小野寺昭)は
ともかく肝心の勇次が
空気になっている状態だったのが気に食わなかったのだ。

それでも畷左門(伊吹吾郎)が刀を捨てて
おでん屋の経営を始めるようになってからの
主水シリーズのあのワンパターンな内容よりも
新鮮なのでちょっと観てみようかと。


続きはこちらから