THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

AETERNAM/Ruins of Empires

ジャケットを見て気になってちょっと聴いてみた。
クワイアから民族楽器を駆使した音楽
そして本編…いきなし説得力のあるデスVoが登場し、
コーラス部分になるとクリーンなコーラスが登場する
ありがちなメタルコア/モダンメロデスなので
あぁやっぱりねといったかんじ。
ただ、他のバンドよりもシンフォニック色が
やたらに強いのが特徴なんだろう。かなり派手なオーケストレーションを
曲全体に多用していて非常に壮大でドラマティックだ。
元々はアラビアのフレーズを多用した
メロデス(程でもないらしい)ようだけど
確かにそういう部分が随所に登場すると思わずにやりとさせられる。

ただ、#2のように曲によってはその民族的なフレーズよりも
どちらかというとホラー色の強いシンフォニックブラックメタル
の要素が強く出ている上(ブラスト疾走するとまさにそのものである)、
要所でクリーンVoの登場すると
メタルコア路線になってしまったりする。よくわからない。
若干のプログレっぽさもにおわせている。
これは嫌見にならない程度でまぁいいとするが
またこのアルバムではアラビア(エジプト的とも…)と
シンフォニックブラック(デス)メタルの要素の
2つの要素が上手く噛み合っていないという感じがしてならない。
つまりそのブルータルデスとしては攻撃力がないし
メロデスとしてはメロディが今一つだし、
明確にどこを目指したいのかが今一つ見えてこないというか…。
要は個人的に気に入らなかったサウンドだったということか。


01.Damascus Gate
02.Paropamisadae
03.Sun Shield
04.The Keeper of Shangri-La
05.Fallen is the Simulacrum of Bel
06.Colossus
07.Nightfall on Numidia
08.Praetor of Mercury
09.Zadyin Arga



[ 2017/03/19 ] | モダンメロデス

PERSEFONE/Aathma




Aathma
Aathma
posted with amazlet at 17.03.05
Persefone
Vicisolom Production (2017-02-24)
売り上げランキング: 35,287



アンドラ公国のプログレ色の強いメロデスバンドの新作、
美しいピアノと共に変速拍子を織り交ぜながら
(正直それは必要なのか不明なのだが)、
短いインスト2曲を消化して
#3から本編が始まるような感じになっているのだが
もちろん本編が始まっても変速拍子は必要以上にあり、
前作は聴いていないので比較はできないのだが
今作もいつになくひねくれて時折小曲を挟みながらも
目まぐるしく変わる展開とテクニカルなサウンドに仕上がっている。


続きはこちらから




[ 2017/03/08 ] | プログレッシヴ系

FROST* /Milliontown

Milliontown
Milliontown
posted with amazlet at 17.02.25
Frost
Inside Out U.S. (2006-07-18)
売り上げランキング: 5,700



イギリスのシンフォニックロック
メンバーにARENAだのIQだので活動している人が
いるからなのだろうか。まぁIQは自分はまだ聴いていないが
前者はそれなりに知っているので、
出てくる音はやはりというべきなのかはわからんが
(バンドの中心人物がシンセ奏者というのもあるが…)
近代的な電子音が派手に活躍するネオプログレ的なサウンド。


続きはこちらから


[ 2017/03/04 ] | イギリス

TOUCHSTONE/The City Sleeps

City Sleeps
City Sleeps
posted with amazlet at 17.02.25
Touchstone
Steamhammer Us (2012-01-17)
売り上げランキング: 298,757



イギリスのシンフォニックロック…らしい。3枚目だと。
パッと聴いたところだと、
どことな~くうす暗さを感じるような
ゴシックっぽさもあるようなシンフォニックメタルと言っても
あまり遜色はないかもしれない(かなりメタリックだ)。
Voは女性がメインでどことなく垢抜けない感があり
男性Voも時折入ったりする。

#1はアラビアン的な怪しげなイントロで始まるが
本編に入るとそんなものは一切なく、
なんかよくあるB級ゴシックメタルにありがちな
ファーストトラックと変わりないみたいな(苦笑)。



続きはこちらから





[ 2017/02/28 ] | イギリス

SINISTER/SYNCRETISM

Syncretism
Syncretism
posted with amazlet at 17.02.19
Sinister
Massacre (2017-02-17)
売り上げランキング: 113,396



再結成後は精力的にスタジオアルバムないし
カヴァーアルバムなどコンスタントにアルバムをリリースする
(と思わせておいといて去年は何も出さなかったw)
オランダのブルータルデスメタルバンド。
今作はEVILなアニメジャケットが大人しい。

怪しいオーケストレーションから
本編になだれ込むあたりはお約束。
やっている事は基本は特に変わらず…


続きはこちらから


[ 2017/02/25 ] | ブルータルデスメタル

PLACE VENDOME/Close To The Sun

クロース・トゥ・ザ・サン
プラス・ヴァンドーム
マーキー・インコーポレイティド (2017-02-08)
売り上げランキング: 1,029



マイケルキスクを中心としたドイツの
メロディアスハードロックプロジェクトの4枚目
(知らない間に3枚目がリリースされていたんですね)。
プロデューサーは恐らくベースを担当しているDennis Wardか?
2ndはなかなかの力作で聴き応えのある作品だったが
今作はのっけからシンセソロがバリバリ炸裂するアップテンポな
メタルっぽいサウンドで驚かされる。

ゲストを見るとGus GだのKai Hansenだの
メタルミュージシャンがいる事もあり
メロパワっぽい内容にかなり近い内容を想像してしまうのだが
やはりここではそういう曲は控えて
UNISONICとの差別化を図りたいのか
今までと同じようなアップテンポやミドル&スローテンポ中心の
肩に力の抜けたハードロックをやられているといったような感じ。
勢いに任せてどうたらというよりも
リスナーに聴かせるサウンドを重視している。


Michael Kiskeの声が全く衰えておらず、
中低音からハイトーンを駆使して表情豊かに歌い上げる。
もちろん、今作もメロディが良く、
表情豊かなMichael Kiskeの歌声が乗り、曲のクオリティを
ランクアップさせていることは間違いなく、
前作同様に買いの質の高い内容を作り上げてきている事に安心する。
そしてゲストミュージシャンもきちんと仕事をして
完成度の高い作品のアシストを見事にしている。


01. Close To The Sun
02. Welcome To The Edge
03. Hereafter
04. Strong
05. Across The Times
06. Riding The Ghost
07. Light Before The Dark
08. Falling Star
09. Breathing
10. Yesterday Is Gone
11. Helen
12. Distant Skies
13. Strong (Orchestral Version)(Japan Bonus)





[ 2017/02/20 ] | メロディアスハードロック

THE MURDER OF MY SWEET/Echoes of the Aftermath

Echoes of the Aftermath
Echoes of the Aftermath
posted with amazlet at 17.02.11
Murder of My Sweet
Frontiers Records (2017-01-27)
売り上げランキング: 18,749



スウェーデンのEVANESCENCEフォロワーな
モダンへヴィゴシックロックメタルバンドの新作。
やっている事は変わってはいないが
何かやたらシンセ使いがデジタリティなものだけでなく
オーケストレーション(打ち込み?)を駆使することで
やったら派手になり(以前からだっけ?)
WITHIN TEMPTATIONのような事をやろうとしているのか
よくわからない。

まぁどっちにしても似たような
横乗りのリズムにそこにキャッチーなメロディが乗っかり
女性Voが歌い上げるという…、まぁそんな感じで
進歩がなければ個性も無い音楽性には変わりはないわけだが…。
というのは書き過ぎでもう少しフォローすると
横乗りのそれはもちろんアルバム全体を通してなのだが
ミドルテンポながらもそういうオルタナ的なリズムだけでないのは
EVA嫌いの自分としては評価に値する部分でもある。

LACUNA COILよりかは遥かに攻撃性はなく、
ELYSIONよりもずっと聴きやすいといった感じで
前作よりもオーケストレーションを派手に多用したことで
さらに聴きやすくなり暗黒性もかなり低いし
何よりもこの手のサウンドにしてはかなり聴きやすく
とっつきやすさがあるのでそれはかなりの高印象ではある。
ある種のポップさもあるのも魅力か?
Voが今一つ垢抜けていないのはまぁ御愛嬌ということで。

キャッチーなメロディが好きだったり
派手なオーケストレーションが好きだったりしたら
(そのおかげかへヴィなギターも抑えられているので)
間違いなく気に入るだろうという感じなのだが
個人的にはそれ以上の感想が思いつかないし書けないのですわ。


01. Sleeping Giant
02. Personal Hell
03. Racing Heart
04. Cry Wolf
05. Echoes of the Aftermath
06. Flatline
07. Loud as a Whisper
08. Shining After Dark
09. Ode to Everyone
10. Go On
11. In Risk of Rain
12. Inside, Outside



[ 2017/02/15 ] | モダンヘヴィロックゴシックメタル

座頭市物語 故郷に虹を見た

座頭市物語 [DVD]
座頭市物語 [DVD]
posted with amazlet at 17.02.11
KADOKAWA / 角川書店 (2017-03-24)
売り上げランキング: 46,515



市は冒頭で壮吉(藤田まこと)と出くわし
包丁さばきで振舞ったコイの活き造りに満足する。
壮吉は自分がふくべというところで働いている事を告げる。
そんなこんなで仲良くなった2人は近くの飲み屋で酒を交わすが
そこで飲み屋に来てた客らからふくべはロクな女がいないとか
ふくべの悪評を耳にする事になる。
さらに一般人のふりをしてその話に乗った男が
実はふくべを占める岩五郎(織本順吉)の一味で
冒頭で市を斬りつけにかかってきたヤクザの残党もいて
それをその場で片付けてやくざは市の存在にひれ伏せ
そのふくべに招待する。

しかし、そのふくべは壮吉の言っていた食堂でもなければ
ただの女郎屋になり下がり、
せっかく上手い飯を食えると思ったのに
あまりの下劣な店のサービスに市は御乱心。

また市を追って自分の店を遠くから覗きに来た壮吉は
青いはずの暖簾がオレンジ色になっていて絶望する。
さらには実家を覗けば仁平(浜村純)は病気の身、
殴りたくても殴れないほど酷い状態で
妹のお志津(真野響子)が看病する有様。


続きはこちらから



[ 2017/02/11 ] | 時代劇鑑賞

RAMI/Aspiration

Aspiration (DVD付限定盤)
Aspiration (DVD付限定盤)
posted with amazlet at 16.11.09
RAMI
Across Music (2016-09-07)
売り上げランキング: 37,884



元ALDIOUS(なんでもRAGLAIAというバンドにも
在籍しているのだとか)のVoのソロ第1弾。
この人のVoのALDIOUSも聴いたことがあるんだけど
Voよりも曲の足を引っ張るヘタクソなギターソロしか
印象になかったという感じだったのであまり記憶がない(苦笑)。

で、この方の歌唱はRAGLAIAのような力強さよりも
どちらかというと艶のある部分に比重を置いた感がありつつ、
時には力強さも加えました的な感じで
元DESTROSE現MARDELASの蛇石マリナのような
必要もない場面で無駄に張り上げたりしたり
(摩天楼オペラのVoのような)キモいビブラートをしないので
聴きやすさはある。



続きはこちらから



[ 2017/02/05 ] | 日本 アジア 辺境

MORS PRINCIPIUM EST/Emers of a dying world

エンバーズ・オヴ・ア・ダイイング・ワールド
モルス・プリンシピアム・エスト
マーキー・インコーポレイティド (2017-01-25)
売り上げランキング: 809



フィンランドのメロデスバンド。
3枚目を一番最初に聴いたので
てっきりこのバンドも昨今流行っている
ワンパなモダンメロデスかと思っていたのだが
前作を聴いた限りだとどうもその手のバンドとは違って
むしろオーソドックスなメロデスに近いサウンドだという事に
気付かされたし、その前作はナメてかかっていた事もあってか
中々良かったわけで今作も聴いてみる。

なんかいつになくジャケットがブルータルなのが気になるのだが
怪しくも壮大なオーケストレーションのインストから始まるので
なんか今までと違うものをやられるのだろうかと
気持ちが動揺してしまうのだが…



続きはこちらから


[ 2017/01/31 ] | メロディックデスメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR